釣果情報

2013年06月05日

明日から然別湖特別解禁ファーストステージが開幕しましす。

いよいよ明日(6月6日)午前6時からファーストステージが開幕します。
開催期間は6月6日(木)〜7月7日(月)の33日間。
ことしはどんなドラマが生まれるでしょうか・・・

スタッフ一同、皆さまのお越しを心よりお待ちいたしております。

●当日券及び前日電話予約のお知らせ
------------------------------------------------------------------------------
(当日券の販売)6月10日(月)から。受付事務所で販売いたします。
------------------------------------------------------------------------------
(前日電話予約の受付)6月9日(日)午前7時から受付いたします。
------------------------------------------------------------------------------

(※)上記以外のご予約は「予約カレンダー」でも承ります。尚、開催期間中のご予約は当日払いになりますので何卒よろしくお願いいたします。

(ご予約専用電話)tel: 080-5599-9591 午前7時〜午後6時まで

道道鹿追糠平線

然別湖まで11km

2013年06月06日

早朝はポイントによって釣果にバラつき。全体的には終日好調。

ファーストステージ初日。早朝はポイントによって釣果にバラつきがありましたが、全体的には終日好調。ヒットレンジは水深(2〜10m)で幅広く、最も良くヒットした水深は3〜5m。全体的には、ミヤベイワナ(20cm〜30cm)10匹に対してサクラマス(20〜30cm)が2〜3匹交じる程度で、大型ニジマス(40cm以上)は極少数。参加者の釣果は30〜40匹 12名、40〜50匹 3名、50〜60匹 2名。平均10〜20匹の方が一番多いようでした。40cmクラスのミヤベイワナのヒットポイントは、(2)(4)(12)など。40cmクラスのニジマスのヒットポイントは(2)(6)(15)など。今日の最高釣果は57匹(榎さん/愛知県)。

(ミヤベイワナを狙うには)
早朝は浅い水深(2〜3m)をリトリーブしてもヒットしていますが、アタリが無くなってきたら一旦ボトム近くまで沈めてからリトリーブすると良いようです。ただしライズがあるポイントなどでは、水深(1〜2m)をストリーマー(#8ゾンカー)をゆっくり引くと釣れています。

(ハッチ・テレストリアル情報)
例年に比べて気温が高く(午後1時: 18℃)、音更湾インレット周辺で#18トビイロカゲロウのハッチあり。その他、小さな陸生昆虫も湖面に落下。それらに対して魚たちがライズしています。明日も気温が高めなのでドライフライで狙ってみるのもいいでしょう。

天気 : 曇りのち晴れ 風 微風 気温 12.0℃ 表面水温 10.0℃(午前6時)

ミヤベイワナと(村田基さん)

砂場ワンドでミヤベイワナがヒット

フライでミヤベイワナが好調。

2013年06月07日

晴天のため釣果は低迷。ミヤベイワナは湖中央周辺が一番良く釣れています。

ファーストステージ2日目、早朝から晴天、ベタ凪で湖面はまるで鏡のようにフラット。このような状況では「日陰を狙う」と良いようで、午前中は背景の山が日差しを遮る「音更湾岸釣りエリア」でサクラマス(26〜30cm)、ミヤベイワナ(32〜35cm)がフライで21匹ヒット(藤澤さん/調布市)。ヒットフライは小さめのダーティーホー(オリーブ)で、フライラインはインターミディエイト。岸から5m以内のかけ上がりでヒットが多いようです。音更湾ポイント(10)では、午前7時頃〜9時頃までにミヤベイワナ(22〜30cm)のブラウンバック、グリーンバックが9匹ヒット(阿部さん/茨城県)。午後にかけて次第に風が吹き始め徐々に釣果は伸びたものの、初日に比べ釣果は低迷。終日安定した釣果があったポイントは湖中央周辺のポイント(12)(18)(19)(20)。湖中央周辺では、深場(10m以上)沈めてもポツポツと釣れていましたが、水深(2〜3m)で多くのヒットがあったようです。今日は大型ミヤベイワナのヒットは少なく、最大で40cm止まり。良型ミヤベイワナ(35cm前後)は境界線ポイント(12)、アイサ岬(13)湯の花岬(14)が好調。今日の最高釣果は28匹(山木さん/相模原市)。

(ドライフライでサクラマス、ニンフでミヤベイワナが釣れています)
1の湾から虹色岬にかけての、ポイント(2)(3)で#18〜#16テレストリアル系、カディス/ブラックでサクラマス(26〜35cm)がヒット(土屋さん/横浜市)。音更湾岸釣りエリアでは、#18フェザントテイル、#16ゴールドビーズヘヤーズイヤーでミヤベイワナ(25〜35cm)が釣れています(田辺さん/東京都)。

(ハッチ・テレストリアル情報)
音更湾で#18トビイロカゲロウのハッチあり。午後になり気温が20℃近く上昇してからは陸生昆虫も湖面に落下しています。

天気 : 晴れ 凪から弱風 気温 11.0℃ 表面水温 10.5℃(午前6時)

かけ上がりのミヤベイワナを狙う

音更湾岸釣りエリア

湖中央からの景色

2013年06月08日

ミヤベイワナはイワナ岬から音更湾にかけて好調。ドライフライに大型ニジマスがヒット。

ファーストステージ3日目。今年は例年に比べて気温が高い然別湖。昨日も今日も最高気温は20℃前後まで上昇。解禁3日目で早くもテレストリアルが湖面に多く落下し、サクラマス(31〜36cm)、ミヤベイワナ(31〜38cm)、ニジマス(52cm)など、ドライフライに多数ヒットしています(土屋さん/横浜市)。音更湾岸釣りエリアでは湖面をゆっくり風に流される黒い昆虫(名称不明)をセレクティブに捕食しているようでした。大型ニジマスがドライフライにヒットしたのは今シーズン初。

ミヤベイワナ(20〜35cm)はイワナ岬(11)から音更湾(10)にかけてのかけ上がりが好調。ピークは午前11時頃から午後1時頃までで、水深(2〜5m)で非常に良く釣れています。2時間でミヤベイワナ(30匹)の釣果(相馬さん/東京都)ほか。このポイントで釣っていた方が「昨日に比べ風が強かったこと、今日も晴れていたが曇があり一時的に日陰になることが多かったこと」だと好調の原因を分析。全体的に今日は昨日の低迷を跳ね返すような好結果になったようです。今日の最高釣果は41匹(山本さん/埼玉県)

(今日のミヤベイワナのヒットパターン)
岸近くにボートを停泊させスプーン5〜7g(赤/金)などを10〜15mキャスト。20〜25カウントダウンしてリトリーブするとブレイクラインでヒット。

(ハッチ・テレストリアル情報)
音更湾で#18トビイロカゲロウのハッチが少しあり。午後になり気温が20℃近く上昇してからは陸生昆虫も数多く湖面に落下しています。魚たちがライズする黒い昆虫のサイズは#16程度。半沈みのような状態になるようフロータントを上手に使うと魚が良く反応するようです。

(※)注意
イワナ岬から音更湾にかけての岸は野生動植物保護のため上陸禁止になっています。ウェーディングをしないでボートからの釣りをお願いいたします。

天気 : 晴れ 凪からやや強い風 気温 9.0℃ 表面水温 11.5℃(午前6時)

ドライフライでライズを狙う

シャクナゲ岬でウェーディング

フライでミヤベイワナがヒット

2013年06月09日

晴天が続きミヤベイワナは深場へ移動。ドライフライで大型ニジマスがヒットしています。

ファーストステージ4日目。今日で晴天は3日連続になりました。午前中は湖中央、うぐいす湾でやや強く吹いていた風も次第に弱くなり、ミヤベイワナのレンジが深く(水深5〜10m)なってきているようです。早朝はかけ上がり周辺でもヒットしていましたが、午前9時頃から気温が一気に上昇。夏のような日差しがふりそそぐと、かけ上がり周辺のヒットは減少し、沖または湾の中央の方が釣れているようでした。午前中は山の影になる(シャクナゲ岬)周辺が好調。岸から遠目にキャストし5〜10m程度スプーンを沈めスローリトリーブでミヤベイワナ(25〜30cm)がよく釣れています。午前8時から午前9時の間に11匹ヒット(大平さん/茨城県)。音更湾でも同様に午前8時40分頃から11時頃まではミヤベイワナ(25〜30cm)が11匹ヒット(二瓶さん/東京都)。ヒットルアーは、スプーン5〜12g、カラーは(オレンジ/ゴールド、金/ピンク、銀/ピンク)など。(※)ミヤベイワナを狙う場合は、スローリトリーブが有効です。また、各ポイントで釣果に差がでてきています。その日の天気、風などを考えてポイント選びをしてみてください。

(ドライフライに大型ミヤベイワナ、ニジマスがヒット)
今日の最高気温は26℃。6月下旬〜7月上旬頃の気温になり、陸生昆虫が一斉に活動。各ポイントでライズが多くなっているようです。午前11時頃にイワナ岬の先端でライズがあり、ドライフライ(テレストリアル)にグリーンバックのミヤベイワナ(42cm)がヒット。また、音更湾岸釣りエリアでは、ニジマス(46cm)もドライフライ(テレストリアル)で釣れています(土屋さん/横浜市)。(※)写真右下の陸生昆虫(セアカケバエ)が湖面に多く落下していました。

天気 : 晴れ 凪からやや強い風のちに微風 気温 12.0℃ 表面水温 12.5℃(午前6時)

午前5時30分 桟橋

ミヤベイワナ(グリーンバック)

捕食されていた#16(セアカケバエ)

2013年06月10日

ミヤベイワナの3カラーがすべてヒット。岸から約10m離れたボトム付近が好調。

ファーストステージ5日目。今日もまた晴天・・・。湖中央ポイント(12)(11)(20)ではブルーバックのミヤベイワナが少しづつ釣れてきています。今年はミヤベイワナの3カラーがすべて揃うようになりました。音更湾インレット(8)ではミヤベイワナ(25〜35cm)のブラウンバック、グリーンバックが好調。岸から約30mロングキャストしベタ底をイメージしてスローリトリーブ。岸から約10mまで来たら再度ボトムまで落としまたリトリーブするとヒットが多いようです(大沼さん/芽室町)。早朝から正午までは、ルアーのトローリングでは湖中央ポイント(18)(19)(20)が好調。通常のナイロンラインを使用し、ルアーはスプーン5〜6g(オレンジ・ベリー)。ルアーが浮上しないように、水深(約10m)あたりをゆっくりボートを漕ぎルアーを泳がせると、ミヤベイワナ(20〜32cm)12匹、サクラマス(26cm)1匹がヒット(吉村さん/大樹町)。今日の最高釣果は14匹(大沼さん/芽室町)※3カラーすべてヒット。解禁5日目としては昨年の釣果に比べ約半分程度。晴天が4日間も続いているので、そろそろ雨が欲しいところです。

フライでも湖中央境界線付近ポイント(12)でミヤベイワナ(25〜32cm)が釣れています。フライラインはシンキングタイプⅣ、フライはウーリーバガー(佐藤さん/浦河町)。

(大型ニジマス情報)
例年に比べ大型ニジマスの釣果が低迷しています。先月(5月)の気温はとても低く、湖の全面解氷が遅たことが原因なのか・・・。 然別湖ではニジマスの活性が一番上がる水温は(16〜17℃)。この水温になる頃に期待したい。

天気 : 晴れ 凪から弱風 気温 12.0℃ 表面水温 13.5℃(午前6時)

スタート前の準備

カルガモ岬でスペイキャスティング

湖中央境界線付近

2013年06月11日

大型ニジマス57cmがヒット。ミヤベイワナ46cmは音更湾インレット。

ファーストステージ6日目。今日も早朝から晴天。5日間連続・・・。午前は砂場ワンド周辺(2)〜虹色岬(3)、シャクナゲ岬(6)の日陰になるポイントや、湖中央ポイント(18)(19)(20)ではミヤベイワナ(23〜35cm)が釣れています。音更湾インレットではブラウンバックの大型ミヤベイワナ(46cm)がシンキングミノー(5cm)でヒット(近藤さん/岐阜県)。音更湾岸釣りエリアでは、ストリーマー(リーチ)でミヤベイワナ(40cm)がヒット(残間さん/札幌市)。昨日より風が吹き、午前中はミヤベイワナの釣果もやや上向いたようですが、太陽が真上に来る午前11時頃からは釣果は一気に落ち込んだようです。全体の平均釣果は5〜6匹程度。今日の最高釣果は14匹(八木さん/静岡県)、(丸山さん/小樽市)。

浅場やかけ上がり周辺では、ワカサギなどの小魚が日に日に数を増やしてきています。また気温の上昇により陸生昆虫も活発化。それにともない、大型ニジマスがルアー、フライで釣れています。思い出岬周辺(15)のかけ上がりでは、スプーン3.5g(金/赤)でニジマス(57cm)がヒット(八木さん/札幌市)、虹色岬(3)では、#8シケーダーでニジマス(47cm)がヒット(岡崎さん/千歳市)、うぐいす湾(4)ではセミルアーで50cmクラスがヒットしましたがネットイン寸前にバレ(鏡さん/旭川市)など。

(ミヤベイワナのヒットレンジ)
ミヤベイワナは水温や時間帯、天候によって泳層が異なります。今日のヒットレンジは午前中(1〜5m)、午後(8〜10m)。ルアーの重さやカウントダウンの長さを調節して各ポイントのレンジを掴むことが大切です。湖中央境界線付近のポイントでは晴天でも比較的浅いレンジで釣れることが多いので朝一番で狙うといいでしょう。

天気 : 晴れ 凪から弱風 気温 11.0℃ 表面水温 14.0℃(午前6時)

早朝は音更湾でライズあり

シャクナゲ岬でかけ上がりを狙う

うぐいす湾岸釣りエリア

2013年06月12日

晴天の影響でミヤベイワナの釣果は低迷。

ファーストステージ7日目。晴天が6日連続・・・。早朝はベタ凪、その後風はあまり吹かずミヤベイワナのヒットレンジは水深(5〜10m)へ。湖中央ポイントや湾の沖合では、スプーン10〜12gをゆっくりトローリングして釣れていますが釣果は一人平均3〜5匹程度と低迷。岸からの釣りはスプーン6〜7g(ゴールド系)を約20mキャスト。10回リールを巻いたらストップしてタナを深くとりなおしてからリトリーブを繰り返すと、岸から約10mのところでミヤベイワナ(25〜30cm)が11匹ヒット(宮川さん/函館市)。ミヤベイワナはかけ上がり近くであまりヒットしなかったようです。音更湾ではサクラマス、ニジマスのライズあり。中には大型ニジマスらしき派手なライズもありましたがヒットは無し。トップウォーターの釣りが楽しめるのはあともう少し先になりそうです。今日の最高釣果は11匹(宮川さん/函館市)(佐々木さん/神奈川県)。

天気 : 晴れ 凪から弱風 気温 12.0℃ 表面水温 14.5℃(午前6時)

湖中央でフライキャスティング

ミヤベイワナ(ブラウンバック)

2013年06月13日

晴天は連続7日間。ミヤベイワナはカウントダウン20〜40秒でヒット。

ファーストステージ8日目。今日も晴天で7日連続・・・。厳しい状況の中でコンスタントにミヤベイワナをヒットさせている釣り人をご紹介。平野さん(士幌町)は午前中、シャクナゲ岬(6)沖から音更湾北側ワンド(9)まで、スプーン8〜10gを水深(5〜8m)カウントダウン20〜30秒程度してからスローでトローリング中にヒット。ヒットしたポイントでボートを止めてキャスティング合計6匹。湖中央のポイント(20)から(19)周辺を同じような釣り方で7匹ヒット。思い出岬沖(15)では3匹・・・このようが釣り方で合計で20匹。ボートからのキャスティングオンリーでは、3の湾沖ポイント(13)〜(14)の間でスプーン6〜7gをロングキャストしてカウントダウン40秒。スローリトリーブでミヤベイワナ(20〜30cm)が6匹連続ヒットしています(宮川さん/函館市)。晴天の場合でもポイントを移動しながら深場をじっくり探れば好結果になるようです。今日の平均釣果は7.6匹。

(フライフィッシング)
午後からは湖中央(18)(19)でやや強い風が吹いてくると、水深(2〜4m)でミヤベイワナ(25〜35cm)がフライラインタイプⅢ+オリーブマラブーで釣れています(高杉さん/東京都)。ドライフライのヒットは小型ニジマス、小型サクラマスのみ。ライズはうぐいす湾奥(4)、音更湾北側ワンド(9)#16〜#14の陸生昆虫を捕食しています。

(大型ニジマス情報)
うぐいす湾奥(4)では、岸近くのかけ上がりで大型ニジマスのクルージングが多数目撃されています。小魚の岸寄りと湖面に浮遊している陸生昆虫、そして水温の上昇があいまって大型ニジマスも少しづつ岸寄りしてきているようです。

天気 : 晴れ 凪からやや強い風 気温 12.0℃ 表面水温 15.0℃(午前6時)

フライでミヤベイワナを狙う

早朝のうぐいす湾

然別湖は連日晴天・・・

2013年06月14日

魚の活性がアップ! 表層から水深5mでミヤベイワナ、サクラマスが好調。

ファーストステージ9日目。待ちに待った曇り空、昨日までの厳しい状況が一転し早朝からミヤベイワナ、サクラマスの活性が非常に高く、複数の魚が表層を"もじる"ように各ポイントでライズ。魚たちは湖面または水面直下に浮遊している小さな(#18〜#16陸生昆虫)を捕食しています。浅い水深(1〜2m)にルアーやフライを泳がせると、動くモノへも好反応。虹色岬(3)〜カルガモ岬(5)の間の沖合では、フライでミヤベイワナ、サクラマスが20匹以上ヒット(佐伯さん/砂川市)。カルガモ岬(5)〜シャクナゲ岬(6)沖合でも、フライで10匹以上ヒット(山鼻さん/差札幌市)。フライはいずれもストリーマー(ゾンカー)、フライラインはスローシンキング〜タイプⅡ。うぐいす湾内ではシンキングタイプⅣを使用して20匹以上のヒット(藁谷さん/栃木県)。釣れるのは25〜35cmのミヤベイワナが約80%、サクラマス約20%。午後になっても釣果は落ちず、終日好調を維持していました。

ルアーでは、湖中央ポイント(18)(19)(20)の水深(3〜5m)で、ミヤベイワナ(25〜35cm)と良型サクラマス(30〜35cm)が18匹(藤代さん/東京都)。午後から音更湾岸釣りエリアでは、山から吹き下ろす風が湖面を揺らす境目に魚が集中し、ミノー5cm、スプーン7g(チャート系)で10匹以上のヒット(三好さん/愛知県)他。今日の最高釣果は26匹(天野さん/岩見沢市)、(藁谷さん/栃木県)。

(ハッチ情報)
うぐいす湾の岸際で今季初のモンカゲロウのハッチが目撃されています。音更湾では少数ですがヒゲナガトビケラのハッチも確認。今シーズンは表面水温の上昇が早いので、これから徐々にモンカゲロウのハッチが増えてくるように思えます。

(※)ライフジャケット着用について
気温が20℃以上になるとライフジャケットを脱いでボートを漕いでいる釣り人を見かけます。安全パトロール中に発見した場合は注意するようにしていますが、ご自身の安全のためにも常に着用するようお願いいたします。

天気 : 曇り時々小雨 風 凪から微風 気温 15.0℃ 表面水温 15.5℃ (午前6時)

音更湾岸釣りエリア

ミヤベイワナを狙う

ミヤベイワナ(ブラウンバック)がヒット