釣果情報

2012年06月06日

いよいよ明日、然別湖特別解禁ファーストステージがスタート

明日、午前6時より然別湖特別解禁がスタートします。
6月は早朝の気温が低く気候も変動しやすので、フリースやレインウェアーは必ずご持参ください。当日券の販売、前日電話予約は下記をご覧ください。
皆さまのお越しを心よりお待ちいたしております。

●当日券及び前日電話予約のお知らせ
------------------------------------------------------------------------------
(当日券の販売)6月11日(月)から。受付事務所で販売いたします。
------------------------------------------------------------------------------
(前日電話予約の受付)6月10日(日)午前7時から受付いたします。
------------------------------------------------------------------------------

(※)上記以外のご予約はウェブまたはお電話でも承ります。

(ご予約専用電話)tel: 080-5599-9591 午前7時〜午後6時まで

天気 : 曇り 風 弱風。 気温 9.0℃ 水温 7.0℃(午前7時)

受付事務所(桟橋周辺)

2012年06月07日

ミヤベイワナは25〜30cmが中心、ヒットエリアは湖全域。

解禁初日は魚たちの活性が高く良く釣れています。早朝6時〜8時頃までかけ上がり(水深2〜3m)でミヤベイワナ、サクラマスともに好調。午前9時あたりからミヤベイワナはボトム付近まで下がりましたが、ルアー、フライを一旦深場へ沈ませてからリトリーブすると同じく(水深2〜3m)でヒットしています。また魚が釣れるポイントは岸近くから湖中央までと湖全域で、良いポイントに当たると連続ヒットもあるようです。全体的な釣果は1人平均(15〜20匹)と昨年に比べやや少なめ。今日の最高釣果は82匹(村田基さん/茨木県)

(村田基さんの攻略法は・・・)
早朝はスプーン(6〜8g)で表層に居る魚を狙う。アタリが無くなったらスプーン(12g)に変えて、かけ上がりのボトムに一旦ルアーを着底させてからリトリーブ。またアタリが無くなったらポイントを移動。そして岸近くのかけ上がりでヒットしなくなったら、スプーン(18g)を遠投しボトムまで着底させてからリトリーブ。(※)使用ルアー(ディープカッパー)

(ワンポイント)
ヒットレンジと魚の居場所は異なることが多いので、アタリが無くなったら深場にルアー、フライを沈めてみましょう。

天気 : 曇りのち雨 風 微風 気温 13.0℃ 表面水温 8.0℃(午前6時)

ニジマス55cmがヒット

フライでミヤベイワナを狙う

2012年06月08日

ニジマス67cmがルアーにヒット。ミヤベイワナ40cmクラスも多数釣れています。

特別解禁2日目、然別湖特別解禁のニジマスレコードが(67cm)へ更新されました。ヒットしたポイントは1の湾(砂場ワンド)。ヒットルアーは(フラットG 4.5g/一の瀬丸オリカラ/パールホワイト・赤・ゴールド)。40〜50cmクラスのニジマスも多数釣れています。

ミヤベイワナは昨日に比べ釣果はやや落ちましたが(40〜45cm)が18匹釣れています。大型ミヤベイワナが釣れたポイントは、すべての岬周辺、音更湾北側ワンド、音更湾インレット、イワナ岬とシャクナゲ岬の沖合では、3匹連続で40cmがヒット(金子さん/山口県)。また大型ミヤベイワナのヒットレンジは(水深5〜10m)とやや深いようです。アベレージサイズ(25〜30cm)の好調ポイントは、砂場ワンド、音更湾インレット、取水口周辺、湖中央周辺ポイントNO[19]など。今日の最高釣果は33匹(平井さん/札幌市)。

(ワンポイント)
例年に比べ気温が非常に高くなっています(今日の最高気温20℃)。水通しの悪い場所では表面水温が(11〜13℃)まで上昇。その周辺ではミヤベイワナのヒットレンジは(5〜10m)で、浅い水深(1〜3m)では、サクラマス、ニジマスの活性が高いようです。各ポイントに入ったら水温計でチェックしてみると良いでしょう。

天気 : 晴れのち曇り 風 微風から弱風 気温 14.0℃ 表面水温 9.0℃(午前6時)

フライでニジマス53cm

サクラマスがヒット

2012年06月09日

ミヤベイワナ47cmが音更湾岸釣りエリアでヒット。

昨日は大型ミヤベイワナが好調でしたが、今日も40cmクラスが釣れています。午前中、音更湾岸釣りエリアで(タイドミノー74-17.5cm)でグリーンバックのミヤベイワナ(47cm)が少し沖目でヒット(世羅さん/音更町)。虹色岬沖では42cm(近藤さん/上ノ国町)、湖中央付近で40cm(鈴木さん/札幌市)、1の湾で40cm(佐々木さん/東京都)ほか。サクラマスは(20〜30cm)が中心でしたが、(35〜45cm)の良型が、シャクナゲ岬、虹色岬などで釣れています。

(湖中央では平均10〜15匹の釣果)
グリーンバックのミヤベイワナ(20〜30cm)が湖中央のポイントNO[18、19、20]良く釣れています。最もアタリのある水深は(2〜3m)で、大きな群れに当たれば連続ヒットもあるようです。ヒットルアーは(スプーン5〜7g/赤・金)など、ヒットフライは(マラブー、ウーリーバガー/黒またはオリーブ)など。今日の最高釣果は34匹(芳山さん/函館市)。

(ハッチ情報)
音更湾インレットで(#18トビイロカゲロウ)のハッチが少し始まりました。また(#12センブリ)もわずかですが出てきています。ライズは極少数。

天気 : 曇り 風 微風から弱風 気温 11.0℃ 表面水温 12.5℃ (午前6時)

ミヤベイワナ47cm(世羅さん)

湖中央でミヤベイワナがヒット

音更湾でハーリング(飯嶋さん)

2012年06月10日

湖中央が連日好調。ミヤベイワナ45cmがアイサ岬でヒット。

早朝から午後まで、湖中央のポイントNO[11、12、19、20]でミヤベイワナ(20〜30cmクラス)が良く釣れています。ヒットしている水深は(1〜5m)。トローリングまたはハーリングでアタリのあるポイントを探してから、じっくりキャスティングで釣ると良いようです。ヒットルアーは(スプーン5〜10g/ピンク・アワビ)など。ヒットフライは(#4〜#6ウーリーバガー/チャートまたはオリーブ)など。フライの場合、ラインはシンキング(インターミディエイト〜タイプ3)。タイプ3では表層1m前後を早引きすると良く釣れるようです。(※)ポイントによりレンジは異なります。今日の最高釣果は30匹(山村さん/更別村)。

各ポイントの表面水温が(13℃〜14℃)になり、岸から30m以内のかけ上がりでは、ルアーを(ボトム)まで沈めないとなかなかミヤベイワナは釣れないようです。カルガモ岬[5]、シャクナゲ岬[6]、では、グリーンバック(40cm)、ブラウンバック(40cm)がボトム周辺でヒット(二瓶さん/東京都)。ヒットルアーは(ディープカッパー8〜12g/シルバー・レッドまたは、ゴールド・オレンジ)など。アイサ岬[13]では、(45cm)が釣れています(辻さん/登別市)

浅い水深(2〜3m)ではサクラマス(20〜30cmクラス)が最も多く、ニジマス(30〜40cmクラス)も少し釣れています。アイサ岬[13]でサクラマス(45cm)がヒット(亀崎さん/札幌市)。

(ワンポイント)
ルアーへのチェイスやアタリは多いがヒットしない場合は、ルアー、フライのローテーション、またはリトリーブに変化をつけてみてください。ワンパターンだと魚たちの反応は低下するようです。

天気 : 曇り時々雨 風 微風から弱風 気温 15.0℃ 表面水温 13.0℃ (午前6時)

良型ミヤベイワナ(木村さん)

シャクナゲ岬沖でミヤベイワナがヒット

うぐいす湾でスペイキャスティング

2012年06月11日

アベレージサイズのミヤベイワナは湖中央(水深1〜3m)連日好調。

ミヤベイワナ(20〜35cm)は、湖中央[12、18、19]が連日好調。イワナ岬[11]沖でも数多くヒットしています。釣れるミヤベイワナはほとんど「グリーンバック」ですが、「ブルーバック」も少し釣れ初めています。湖中央のヒットレンジは、(水深1〜3m)が最も多く、(スプーン5〜7g)をカウントダウン5〜15秒後にリトリーブ、または(20〜30m)ラインを出して「早歩き」程度の速度でトローリングすると多くのアタリがあるようです。今日の最高釣果は35匹(天野さん/岩見沢市)。

かけ上がり周辺では大型ニジマスのヒットは少なく、サクラマス(20〜30クラス)が中心。ここ数日間続いている「曇と小雨」を繰り返す悪天候が回復し、晴天と(3〜4m)の風が吹けば、ニジマスの活性が一気に上がるかもしれません。

(ワンポイント)
ミヤベイワナは解禁初日に比べて大分スレてきています。ボート手前または岸近くまでチェイスがあってもバイトしない場合は、ルアーのカラーや、リトリーブに変化をつけてみるといいでしょう。

天気 : 曇り(濃霧)時々雨 風 微風からやや強い風 気温 15.0℃ 表面水温 13.0℃ (午前6時)

思い出岬周辺でニジマスを狙う

イワナ岬沖でミヤベイワナが好調

2012年06月12日

アイサ岬沖でニジマス54cmがヒット。ミヤベイワナは湖中央が好調。

ミヤベイワナ(20〜35cm)は湖中央(禁猟区域のブイ周辺〜イワナ岬沖)で良く釣れています。ヒットレンジは(水深1〜3m)が好調。思い出岬周辺では、(45cm)音更湾インレットで(40cm)が釣れています(大和さん/帯広市)。岸側から約15mキャスティング、カウントダウン15秒でスローリトリーブで釣れたようです。今日の最高釣果は22匹(八木さん/静岡県)

ミヤベイワナ狙いで(水深2〜3m)をストリーマー(#6ゾンカー/チャートリュース)を引いていたら、ニジマス(54cm)がヒット(多田さん/置戸町)。

(ワンポイント)
例年、大型ニジマスが岸近くをクルージングしながらライズするのは(表面水温15℃)になってから。今日現在の表面水温は(13℃)、活性が上がるのは来週あたりからか・・・

天気 : 曇り(濃霧)のち晴れ 風 微風から湖中央でやや強い風 気温 11.0℃ 表面水温 13.0℃ (午前6時)

フライでミヤベイワナがヒット

ミヤベイワナ(グリーンバック)

2012年06月13日

アイサ岬でミヤベイワナ(ブラウンバック)40cm。イワナ岬沖では水深2〜3mで連続ヒット。

湖中央でミヤベイワナ(ブルーバック)が釣れてきています。逆に岸近くのかけ上がりでは(ブラウンバック)が徐々に釣れなくなってきています。湖全体で釣れるのはグリーンバックがメインなので、3色すべて揃えるには今がチャンス。アイサ岬では(40cm)がヒット(橋場さん/西宮市)、40cmクラスは比較的に深場(5〜10m)で釣れているようです。音更湾岸釣りエリアでは、サクラマス(25〜35cm)が岸から10〜20m以内の(水深2〜3m)、ミヤベイワナは(ボトム付近)で釣れています。今日の最高釣果は25匹(橋場さん/西宮市)。

(ニジマスライズ情報)
音更湾、うぐいす湾で、大型ニジマスのライズが散発でありました。水面に浮かぶ、陸生昆虫(ガガンボ、ケバエ)などを捕食しています。気温が(18〜20℃)程度に上昇すれば陸生昆虫がさらに活動するので、今後、天候が回復することに期待。

天気 : 曇り(濃霧)風 微風から弱風 気温 8.0℃ 表面水温 13.0℃ (午前6時)

今日は1日中霧の中

ミヤベイワナ(ブラウンバック)

2012年06月14日

午後から晴れ、ミヤベイワナは水深5mへ。

早朝から午前9時頃までは曇空(霧)、湖中央[11、12、19、20]水深(2〜3m)でミヤベイワナが釣れていましたが、その後、晴れ間が広がるとヒットレンジは水深(5m〜6m)まで下がりました。湖中央周辺のサクラマスの釣果はかなり減少。サクラマス(25〜35cm)は、1の湾、3の湾、虹色岬、音更湾のかけあがりの水深(1〜3m)で釣れています。今日の最高釣果は34匹(辻さん/大阪市)

(ニジマス情報)
午後から音更湾北側ワンド、虹色岬周辺で散髪のライズ。イワナ岬でニジマス(40cm)が釣れています(辻さん/大阪市)。シャクナゲ岬のかけ上がりで、#6ウーリーバガー(グリーン)に大型ニジマスがヒットしましたが惜しくもバレ。うぐいす湾では、ストリーマー(#6ゾンカー/オリーブ)で50cmがヒット(新垣さん/神奈川県)。大型ニジマスは岸近くで少しづつ釣れてきています。

天気 : 曇り(霧)のち晴れ 風 微風から湖中央でやや強い風 気温 5.0℃ 表面水温 12.0℃ (午前6時)

シャクナゲ岬沖でハーリング

湖中央のミヤベイワナ(辻さん)

2012年06月15日

良型ニジマスがドライフライにヒット。ミヤベイワナは水深5m前後で釣れています。

今日は早朝から快晴。音更湾ではニジマス、サクラマスが#18トビイロカゲロウや、陸生昆虫にライズ。午前11時頃にCDCカディスで、ニジマス(38cm、33cm)が連続ヒット。サクラマス(25〜27cm)も釣れています(大豆さん/千歳市)。

ミヤベイワナは虹色岬沖の水深(5m)前後でヒットしています。スプーン(7〜10g)を15〜20秒程度カウントダウンしてからスローリトリーブでストップ&ゴー。ストップした瞬間にアタリがあるようです。今日の最高釣果は10匹(工藤さん/帯広市)ヒットルアーは、アタリルアーズSM50(7g)など。

天気 : 晴れ 風 微風から湖中央でやや強い風 気温 10.0℃ 表面水温 13.5℃ (午前6時)

ダブルヒット&ダブルネットイン

音更湾でルアーフィッシング