釣果情報

2007年06月10日

2007年度 然別湖 特別解禁スタート

然別湖解禁初日は晴天に恵まれ初夏のような1日でした。
ミヤベイワナ25〜35cm うぐいす湾、シャクナゲ岬で好調。
サクラマス25〜40cm 1の湾、2の湾、3の湾で好調。
ニジマス25〜50cm 1の湾、音更湾でまだ数は多くないが釣れています。
全体的に釣果は上々ですが、爆発的な釣果はまだこれからの様子。
ヒットの多くは水深1〜3m付近、岸近くのかけ上がりに集中しています。

※釣果情報は安全パトロールの際に釣り人に状況を聞くことや、終了時に提出された資源調査用紙を元にウェブで公開しています。

天気 : 晴れ 風 微風 気温 12℃ 水温 12℃ (AM6:00)

ニジマス50cmがヒット(1の湾)

2007年06月11日

特別解禁 2日目

然別湖は今日も晴天で午後からは夏日となりました。水温の上昇で午後からはトビイロカゲロウのハッチがありドライフライの釣りが楽しめるのももうすぐです。音更湾の岸釣りエリアが好調でサクラマス25cm〜40cm、ニジマス30〜48cmが良く釣れています。ルアーはチャート系スプーン5g〜10gが好調。うぐいす湾ではミヤベイワナ25〜40cmが好調。フライは#6〜#8ゾンカー(オリーブ・グリーン)、#6〜#8ウーリーバガー(ブラック・オリーブ)で良く釣れています。

天気 : 晴れ 風 微風 気温 12℃ 水温 12℃ (AM6:00)

ニセコから訪れてくれた釣り人

2007年06月12日

特別解禁 3日目

例年、然別湖では「強風の時や強風の後には大物が釣れる」のセオリー通り今日は南からの強い風が吹き、ニジマス、サクラマス40〜60cmが数多くヒットしていました。連日、音更湾(岸釣りエリア)が好調で、サクラマス(25cm〜45cm)、ニジマス(30〜50cm)が良く釣れています。2の湾ではニジマス(53cm)がヒット。虹色岬ではミヤベイワナ38cm、サクラマス60cm(手元でバラシ)と好調です。晴天と夏日が続いた影響で水温が上昇し、全体的に魚たちが水深3m〜5mへ落ちています。ルアー・フライともキャスティング後のカウントダウンは少し長めで、深場から誘い出すようなアクションが効果的。風ウラよりも風が吹き込むポイントで大物が釣れていました。

天気 : 晴れ 風 強風 気温 20℃ 水温 14℃ (AM6:00)

サクラマスがヒット!橋本さん/千葉県

2007年06月13日

特別解禁 4日目

今期最大のミヤベイワナ(45cm)がうぐいす湾で釣れました。今年は良型のサクラマス(30〜40cm)も良く釣れています。良く釣れるポイントはイワナ岬、虹色岬。サクラマスは水深(3〜4m)がヒットゾーン。ルアーはシンキングミノー(ワカサギ)7cmが好調。フライでミヤベイワナ、サクラマスを狙う場合には、シンキングラインタイプIII〜IV。ストリーマー(オリーブ・グリーン)が良いようです。連日の暑さでハルゼミが鳴き出しています。そろそろセミルアー、セミフライの準備が必要です。

天気 : 晴れ 風 弱風 気温 20℃ 水温 15℃ (AM6:00)

うぐいす湾でガイドフィッシング

2007年06月14日

特別解禁 5日目

特別解禁初日から5日間続いた晴天も午後からようやく曇りになり、魚たちの活性が少し上昇した様子。湖中央、シャクナゲ岬でミヤベイワナ25〜40cmが良く釣れています。ヒットゾーンは水深50cm〜4m。スプーン7g〜10g(シルバー系)に良く反応し、サクラマスも連日40cm台の良型が釣れています。フライでは#6マラブー(ブラック)のハーリングで14匹。1の湾東側のかけ上がり、虹色岬、うぐいす湾の風ウラで多数のライズあり。#18トビイロカゲロウスピナー、ブユ、羽アリ、テレストリアル(甲虫類)など様々な昆虫をミヤベイワナが捕食しています。ようやくドライフライの釣りが楽しめるシーズンになりました。

天気 : 晴れ 風 弱風 気温 20℃ 水温 15℃ (AM6:00)

然別湖ファンの陽気なフィッシャーマン

2007年06月15日

特別解禁 6日目

真夏日が続いた然別湖にようやく恵みの雨が降りました。早朝は当たりはあるものヒットしない状況でしたが、時間が経つにつれ魚たちの活性が上がり、音更湾ではサクラマス30〜45cm、ニジマス15〜43cm、ミヤベイワナ20〜33cmが良く釣れています。岸釣りでは、かけ上がりに対して斜めにキャストしリトリーブ、岸近くでヒットするようです。2の湾、3の湾ではルアートローリング(水深1〜3m)でサクラマス25〜40cmが釣れています。湖中央2〜4mの水深でミヤベイワナが好調。明日は天気が回復するので風が吹けばドライフライの釣りに期待が持てそうです。

天気 : 雨 風 微風 気温 20℃ 水温 15.5℃ (AM6:00)

関東からお越しの佐藤さん、吉重さん

2007年06月16日

特別解禁 7日目

早朝は強風のため湖中央は進入規制となりましたがその後風が穏やかになり規制は解除されました。今日は昨日までのミヤベイワナのヒットゾーン(水深2〜4m)がさらに深く(3〜10m)となったことで釣果に大きな差がでました。水深を探り当てた釣り人はミヤベイワナ(20〜40cm)20〜30匹釣れていますが、まったく釣果の無い釣り人もいました。原因は水温の上昇と晴天。昨年の6月16日の水温は11℃、本日の水温は16℃(昨年の7月4日の水温と同じ)と例年より5℃水温が高いので、ミヤベイワナを湾の中央や湖中央で狙う場合には深場を探らなければなりません。ニジマス、サクラマスのヒットゾーンは0〜3mと変わらず、ドライフライ(#8〜#12エルクヘヤーカディス)でニジマス(35〜48cm)、サクラマス(30〜40cm)が、かけ上がりで釣れています。ルアーではスプーン5〜7g(シルバー系)が良く釣れています。

天気 : 曇りのち晴れ 強風から微風 気温 20℃ 水温 16℃ (AM6:00)

音更湾でフライフィッシング

2007年06月17日

特別解禁  8日目

早朝はべた凪でしたが8時頃から弱い風が吹き釣果も次第に良くなってきた様子でした。ミヤベイワナは湖中央(水深4〜9m)で好調。うぐいす湾の岸際、かけ上がりではニジマス40〜50cmが連続ヒット。ルアー(バックス5g)Kさん/音更町。音更湾(イワナ岬)ではサクラマス35〜40cm、ミヤベイワナ30〜35cmが釣れています。風通しの良い岬周辺は連日好調。じっくり粘ることが良い結果につながります。全体的に釣果にばらつきがありますので、当日の釣果情報を現地スタッフから聞くといいでしょう。

天気 : 晴れ 微風 気温 16℃ 水温 16℃ (AM6:00)

ニジマスを連続ヒットKさん/音更町

2007年06月18日

特別解禁  9日目

今年の然別湖は例年になくサクラマスのコンディションが良く、サイズも35〜45cmが数多く釣れています。サクラマスを狙う場合は水深2〜3mをキャスティングまたはトローリング・ハーリングで岸から3〜10m以内を攻めるといいでしょう。1の湾(取水口または北側)、虹色岬、音更湾、イワナ岬が良く釣れるポイントです。フライラインは、シンキングライン・タイプII〜V、#6〜#8GBウーリーバガー(フラッシャー素材入り)オリーブまたはブラックが有効。ニジマスは各ポイントで散発ですがライズがあり、ドライフライでもヒットしています。ミヤベイワナ35〜38cmがうぐいす湾で、ニジマス30〜48cmがシャクナゲ岬で釣れています。ニジマスの活性が徐々に上がってきました。岬周辺は要チェック。

天気 : 晴れ 弱風 気温 14℃ 水温 16℃ (AM6:00)

サクラマス40cm(1の湾北側)

2007年06月19日

特別解禁 10日目

平日は週末とは違うのんびりムードの然別湖。あえて週末を避けて平日に訪れる釣り人が増えています。今日の釣果は、1の湾でミヤベイワナ(30〜35cm)、サクラマス(30〜38cm)がハーリング(#6シンキングラインタイプIV+#6GBウーリーバガー/グリーン)で釣れています。ヒットゾーンは水深2〜4mで、時折ロッドアクションを入れてフライの動きに変化をつけるとヒットするようです。音更湾では、サクラマス(30〜37cm)、ミヤベイワナ(30〜35cm)がスプーン7g(金/グリーン)で釣れています。1の湾で今年初めてセンブリのハッチを確認。モンカゲロウのハッチはあと1週間から10日後に始まる気配。各ポイントで陸棲昆虫へのライズも除々に増えてきており、大型ドライフライやセミルアーが活躍するシーズンも今年は少し早くなりそうです。

天気 : 晴れ 風 弱風 気温 18℃ 水温 15.5℃ (AM6:00)

1の湾でハーリング