釣果情報

2014年09月23日

湖中央境界線付近でミヤベイワナが釣れています。音更湾で大型ニジマスが連日ヒット。

表面水温は14℃。ミヤベイワナは浅い水深に浮いているケースは少なく、水深(4〜10m)がヒットレンジのようです。湖中央境界線付近では、スプーン(5〜10g)をフリーフォールでカウントダウン(30〜60秒)。歩く速度に変化をつけてゆっくりトローリングするとミヤベイワナ10匹、サクラマス8匹ヒット(徳永さん/釧路市)。秋は大きな群れがあまり多くないので、スロートローリングが有効。またフライでミヤベイワナを釣る場合はシンキングライン(タイプ6)が最適です。今日の最高釣果は18匹(徳永さん/釧路市)。

音更湾北側ワンド[9]では大型ニジマスが連日釣れています。今日は午前8時〜9時30分の間に、(30〜50cm)がストリーマーにヒット(美山さん/札幌市)。うぐいす湾奥[4]では午前中からクルージングライズがあり、50cmのニジマスがヒット(佐藤さん/札幌市)。

天気 : 晴れ 弱風 気温 6.0℃ 表面水温 14.0℃(午前7時)

音更湾で大型ニジマスを狙う

秋のニジマスは抜群のコンディション

湖中央でミヤベイワナを狙う

2014年09月24日

ミヤベイワナのヒットレンジは6〜8m。ストリーマーで大型ニジマスがヒット。

ミヤベイワナのヒットレンジは水深(4〜10m)、各ポイントにより深さが違うようです。最もヒットが多いのは水深(6〜8m)。岸から約20〜30m離れたポイントでは、比較的ヒットレンジは浅く、水深(4〜5m)で釣れています。好調なルアーはスプーン7〜10g(ピンク/シェル)。サクラマス(25〜35cm)も水深(4〜5m)で釣れています。今日の最高釣果は10匹(百田さん/埼玉県)

音更湾北側ワンド[9]では、ボートからキャスティング&リトリーブで大型ニジマス(54cm)がヒット。フライは(ゴールデンマラブー)、フライラインはシンキングライン(タイプ3)。大きなアタリと同時にビッグファイトになったそうです(多羽田さん/札幌市)。1の湾(取水口周辺)[17]では、スプーン8g(ピンク/シェル)でニジマス43cmがヒット(百田さん/埼玉県)。その他、大型ニジマスのヒットはすべてかけ上がり周辺です。

天気 : 晴れ 弱風からやや強い風 気温 9.0℃ 表面水温 14.0℃(午前7時)

1の湾砂場ワンド周辺

アイサ岬沖はミヤベイワナポイント

2014年09月25日

ミヤベイワナは水深4〜8m。#18アワフキムシで大型ニジマスがヒット。

ここ数日間、午後の気温が18〜20℃と高く表面水温は14.0℃と解禁初日と同じ。水温が12℃程度まで下がれば、ミヤベイワナも水深(2〜3m)あたりまで浮いてきますが、今日もヒットレンジは(4〜8m)と深いようです。サクラマス(25〜30cm)は、水深(0〜4m)で釣れていますが、解禁当初に比べヒット数は少なくなってきています。今日の最高釣果は8匹(高橋さん/鹿追町)。

(深いレンジのミヤベイワナをフライで釣る)
フライフィッシングでミヤベイワナを釣るためには、シンキングライン(タイプ6)以上の重いラインが必要になります。フライを確実に沈めてから、フライラインをできる限り浮かせないように、ハーリングまたは、スローリトリーブが有効。浅い水深(3〜4m)のミヤベイワナに狙いを絞るといいでしょう。フライパターンは(#8ウーリーバガー、#8ゾンカー、#10ゴールドビーズヘッドニンフ)など。

(ニジマスのライズ情報)
音更湾南側岸周辺[7]砂場ワンド[2]でクルージングライズあり。#18アワフキムシでニジマス(45cm)がヒット(高橋さん/鹿追町)。

天気 : 曇りのち雨 風 凪から弱風 気温 9.0℃ 表面水温 14.0℃ (午前7時)

紅葉のピークは2〜3日後か・・・

ミヤベイワナ(グリーンバック)

2014年09月26日

ミヤベイワナは単発ヒット、ポイントを移動して釣果アップ。

ミヤベイワナは大きな群れが少なく単発ヒットが多いようです。今日もヒットレンジは深く水深(5〜10m)、最もヒットが多かったレンジは水深(7〜10m)。好調ルアーはスプーン13g(青/銀)など。小さなアタリが続き、なかなかフックアップしない場合は、ルアーはウェイトを軽く、フライはワンサイズ小さいのもにチェンジするといいようです。今日の最高釣果は10匹(吉田さん/札幌市)、(宗像さん/札幌市)。

(ニジマスのライズ情報)
3の湾、1の湾桟橋前でライズあり。全体的にアワフキムシの落下が少ないようで、ライズする時間も短いようです。

天気 : 晴れ 弱風からやや強い風 気温 9.0℃ 表面水温 14.0℃(午前7時)

1の湾でライズを探すが・・・

紅葉は一気に色づきました。

2014年09月27日

3の湾でドライフライにニジマスが15匹ヒット。

ミヤベイワナのヒットレンジは(0〜10m)と幅広いまま。各ポイントを丹念に探ることが釣果アップのコツ。今日の最高釣果はサクラマス4匹を含め14匹のヒット(久保田さん/足寄町)

今日一番のニジマスポイントは[3の湾]。ニジマス(25〜44cm)が、ドライフライ(#14ジャシッド、#14ライツロイヤル)で15匹ヒット(長島さん/神奈川県)。その他、砂場ワンド周辺の少ないライズを狙い(42cm)をヒット(日野さん/名寄市)、うぐいす湾奥[4]でも(40cm)がヒット(佐藤さん/札幌市)。

(ニジマスライズ情報)
早朝はベタ凪、湖面に浮かぶ多くのアワフキムシに小型サクラマスやミヤベイワナも散発でライズ。この状況でいつもの西風が吹けば、1の湾砂場ワンド[2]、思い出岬周辺[15][16]が吹き溜まりになり、ニジマスのライズが始まるのですが・・・今日の風向きは一定方向に定まらず、いわゆる「風が巻いている」状態。湖面に浮かんでいた多くの陸生昆虫は分散され、吹き溜まりは極わずか。ライズは非常に少ないようでした。

天気 : 晴れのち曇り 風 凪から弱風 気温 5.0℃ 表面水温 13.5℃(午前7時)

1の湾でライズを狙う

ミヤベイワナ(グリーンバック)

2014年09月28日

ミヤベイワナは水深3〜5mで釣れています。湖中央スロートローリングが好調。

ミヤベイワナがようやく表層に浮いてきたようです。今日のヒットレンジは水深(1〜5m)最も好調だったのは水深(4〜5m)。音更湾沖[20]では、スプーン7〜10g(青/金、赤/金)で良く釣れています。シャクナゲ岬周辺[6]では、ミヤベイワナ(25〜39cm)、小型サクラマス(25cm)が表層に群れていたようで、岸釣りでヒット(星野さん、平山さん/山梨県)。今日の最高釣果は28匹(古川さん/釧路市)。

(大型ニジマス情報)
思い出岬周辺[15][16]、うぐいす湾奥[4]、音更湾[7]でライズあり。同ポイントでは、スプーン7.6g(黒/金/赤)で大型ニジマスが数匹ヒットしましたが惜しくもバレ。

天気 : 曇り 風 凪から弱風 気温 6.0℃ 表面水温 13.2℃ (午前6時)

湖中央でミヤベイワナを狙う

良型ミヤベイワナ(35cm)

2014年09月29日

早朝、ミヤベイワナが水深1〜3mでヒット。

表面水温が12.2℃まで下がり、浅い水深(1〜3m)でミヤベイワナ(25〜40cm)が釣れています。湖中央では、早朝から午前9時頃まで複数のミヤベイワナが表層に背ビレを見せてライズ。ボートキャスティング、トローリングともにヒットしています。ヒットするポイントは限られた場所になっているようで、それ以外のポイントでは、まったく反応が無いか、ショートバイトやチェイスが多いようでした。今日の最高釣果はミヤベイワナ、サクラマス、ニジマスを含む11匹(山田さん/千葉県)。

(大型ニジマス情報)
うぐいす湾奥[4]、砂場ワンド[2]、思い出岬周辺[15]で短時間のライズあり。ライズは(30〜40cm)がほとんどで50cmクラスは少ないようです。


---------------------------------------------------------------------
【当日券の販売、前日電話予約について】
当日券は、受付事務所で午前6時30分から販売しております。
定員が50名に達した場合は、販売を終了させて頂きますので予めご了承ください。
尚、前日のご予約はお電話で承ります。

(然別湖遊漁管理事務局) tel: 080-5599-9591 午前6時〜午後6時まで
---------------------------------------------------------------------

天気 : 晴れのち曇り 凪から弱風 気温 4.0℃ 表面水温 12.2℃(午前7時)

早朝のけあらし(蒸気霧)

ファミリーフィッシング

音更湾でニジマスを狙う

2014年09月30日

表面水温の低下と共にミヤベイワナのレンジは水深2〜5m。

今日の表面水温は12.2℃。ミヤベイワナは早朝から水深(2〜5m)で釣れています。1の湾、湖中央では表層をライズするミヤベイワナの群れが多数あり。ヒットレンジが浅いので、フライ(ストリーマー/マラブー)をシンキングライン(タイプ3)をゆっくりハーリングして6匹ヒット(坂本さん/奈良県)。全体的にショートバイトも多いようですが、丹念にポイントを探っていると活性の高い魚がヒットするようです。砂場ワンド周辺沖合では、岸からロングキャスト、ボトムまでルアーを沈めて良型ミヤベイワナ(35cm)がヒット(吉野さん/東京都)。今日の最高釣果はサクラマス3匹を含む11匹(山田さん/千葉県)。

(大型ニジマス情報)
音更湾岸釣りエリア、うぐいす湾ではここ数日間ヒット無し。思い出岬周辺[17]では単発ライズのみ。

天気 : 晴れのち時々雨 弱風から強い風 気温 4.0℃ 表面水温 12.2℃(午前7時)

カヤック&ルアーフィッシング

カヤック&ルアーフィッシング

然別湖の帰り道に・・・

2014年10月01日

湯の花岬、1の湾で大型ニジマスがドライフライにヒット。

ここ数日間、湖面に浮いているアワフキムシ、カメムシなどの陸生昆虫が非常に少なくニジマスのライズも減少。その厳しい状況の中で、枯れ葉の集まる小さな吹き溜まりにライズを見つけてニジマス(28cm、42cm、43cm、52cm、56cm)5匹ヒット(吉原さん/音更町)。ヒットフライは、#16〜#14テレストリアル。ライズは岸から約1m以内、捕食する昆虫が少ないのでニジマスは数回ライズして姿を消す・・・また数分後に表層を回遊するがライズは終始安定しない。この不定期なライズはじっくり観察しないとなかなか見つけられないようです。

表面水温は11.2℃まで下がり、ミヤベイワナは水深(1〜5m)で釣れています。好調ポイントは、湯の花沖[14]、アイサ岬沖[13]、虹色岬沖[6]。良く釣れる方法は、スプーン(5〜8g)で超スロースピードのトローリングが良いようです。またポイントによっては反応がまったく無いこともあるので、広範囲を探ることが大切です。今日の最高釣果は13匹(平野さん/士幌町)。

天気 : 晴れ 微風からやや強い風 気温 0.0℃ 表面水温 11.2℃(午前7時)

スロースピードでトローリング

ドライフライで大型ニジマスがヒット

ニジマス52cm

2014年10月02日

ドライフライが好調!1の湾で大型ニジマスが多数ライズ。

午前10時30分頃からラストまで、1の湾旧北電保養所前[1]〜砂場ワンド[2]で多数のニジマスがライズ。大型ニジマス43cm、48cm、59cmに、25cm〜38cm5匹、サクラマス34cm1匹、合計10匹ヒット(白畠さん/千葉県)ヒットフライは、#14テレストリアル、リーダー&ティペット6X。午後からは、1の湾取水口周辺[17]の風裏でもライズがあり、40cm、45cmを連続ヒット(東丸さん/恵庭市)。うぐいす湾カルガモ岬周辺[5]では、42cm、43cmをヒット(勝田さん/神奈川県)他。

ミヤベイワナは水深(1〜7m)で釣れています。水深(1〜4m)のヒットが最も多く、ルアーはスプーン5〜7g、フライはシンキングライン(タイプ2)+マラブー(黒)が好調。音更湾南側岸[7]のかけ上がりでは、ブラウンバックのミヤベイワナ(45cm)がドライフライにヒットしています(勝田さん/神奈川県)。今日の最高釣果はサクラマス2匹、ニジマス1匹を含む15匹(嘉村さん/熊本県)。


【セカンドステージは10月7日まで】
セカンドステージの開催もあと5日間になりました。期間中は前日電話予約、受付事務所では当日券の販売もおこなっております。

(お問い合わせ/ご予約専用電話)080-5599-9591

天気 : 晴れのち曇り 弱風からやや強い風 気温 4.0℃ 表面水温 11.5℃(午前7時)

うぐいす湾でライズを狙う

1の湾で大型ニジマスが連続ヒット

ミヤベイワナはスロートローリング