釣果情報

2013年07月05日

サクラマスの釣果は激減。大型ニジマスの好調も低迷・・・

ファーストステージ31日目。昨日まで好調だったサクラマスのヒット数が激減。ボートで移動しながらドライフライをかけ上がりにキャストしても一人2匹程度の釣果・・・サクラマスの群れが移動してしまったのか? 連日好調だった大型ニジマスは、1の湾北電保養所前周辺(1)で46cmのヒットのみ。イワナ岬〜音更湾にかけてのかけ上がりでは、ドライフライ(#8ヒゲナガ)に3回ライズ。そのうちニジマス(30cm)がヒット(坂口さん/大阪府)。今日のニジマスのヒットはこの2匹。ミヤベイワナの釣果も低迷・・・かなり深場に潜ってしまったようです。今日の最高釣果は4匹(芳山さん/神奈川県)。

天気 : 曇り 風 凪から弱風 気温 16.0℃ 表面水温 18.0℃ (午前6時)

ドライフライを浮かべて待つ・・・

目的のポイントへ

2013年07月06日

ミヤベイワナのレンジは水深(10〜15m)。全体的に厳しい状況・・・

ファーストステージ32日目。ミヤベイワナ(25〜40cm)のレンジは深く、水深(5〜10m)ではヒット数は非常に少なく、それ以上の深さ(10〜15m)をトローリングでキープしないと釣果は伸びない状況。広い範囲を丁寧にトローリング&キャスティングしてミヤベイワナを専門に狙う人でワンボート/2人で18匹(喜島さん/千歳市)。魚探とトローリングシステムを駆使して11匹の釣果(河野さん/音更町)。サクラマス(25〜30cm)の釣果も低迷、多い人でもヒットは4匹(土屋さん/札幌市)。大型ニジマスは、うぐいす湾奥(4)でストリーマー(マラブー)で(40cm)がヒット(後藤さん/名古屋市)。虹色岬沖(3)で(46cm)がスプーン10g(赤/金)でヒット(喜島さん/千歳市)のみ。全体的に釣果は低迷しています。今日の最高釣果は11匹(河野さん/音更町)。

(水温の上昇が釣果低迷の原因か・・・)
表面水温が18℃になり魚たちの活性が低くなっている様子。雨が降るか強風で荒れるようなことがあれば状況は変わることも・・・

天気 : 曇りのち晴れ 風 凪から弱風 気温 17.0℃ 表面水温 18.0℃ (午前6時)

トローリングマスター

ミヤベイワナマスター

然別湖ガイドフィッシング

2013年07月07日

強風で荒れたあとニジマスがクルージング&ライズ。ドライフライで大型ニジマスがヒット。

ファーストステージ33日目。早朝に湖中央から音更湾、うぐいす湾にかけて強風が吹き湖面は荒れ模様。数時間が経つと風は穏やかになり天気は回復。強風で木々から落下した小さな陸生昆虫が吹き溜まりに集まっていた音更湾岸釣りエリアでは、岸から3〜5m以内を良型から大型のニジマスが複数クルージング&ライズ。その直後にニジマス(43cm)がドライフライ(#6クマアブ)でヒット(残間さん/札幌市)、その他にも大型ニジマスがヒットするが惜しくもラインブレイク。その後も数名のフライフィッシャーがサイトフィッシングでニジマスを狙うが、フライを見に来るだけ、または無視する行動が続きなかなかヒットしないようでした。うぐいす湾(4)では、ニジマス(40cm)(45cm)がドライフライ(#10センブリ)でヒット(永田さん/大阪府)。イワナ岬(11)では大型ニジマス(48cm)がウェットフライ(#10ソフトハックル)で釣れています(吉山さん/函館市)。その他のポイントでもニジマス(30〜38cm)がヒットまたはラインブレイクなどがあり、久しぶりにニジマスの活性が上がったようでした。今日の最高釣果は6匹(三橋さん/京都府)。

天気 : 曇りのち晴れ 風 強風から微風 気温 17.0℃ 表面水温 18.0℃ (午前6時)

うぐいす湾でニジマスを狙う

音更湾でニジマスがクルージング

親子でフライフィッシング

2013年07月08日

ファーストステージ最終日

本日を持ちまして然別湖特別解禁ファーストステージが終了いたしました。道内はもとより本州から然別湖にお越し頂いた多くの皆さまへ、スタッフ一同心より御礼申し上げます。

秋のセカンドステージは、9月21日(土)〜10月7日(月)17日間の開催を予定しております。皆さまのお越しをお待ちしております。ご予約は当ウェブサイトの予約カレンダーをご利用ください。

天気 : 晴れ 風 微風から湖中央でやや強い風 気温 17.0℃ 表面水温 18.5℃ (午前6時)

2013年09月20日

いよいよ明日からセカンドステージが開催

然別湖特別解禁セカンドステージが9月21日(土)から開催されます。準備作業もすべて終了し、あとは解禁初日を待つだけ・・・3連休の天気もいいようですね。ファーストステージより一回り大きく成長したミヤベイワナ、さらにパワーアップした大型ニジマスは、最高のコンディションになっています。

(9月19日の然別湖)
午前8時の然別湖の気温は10℃。最高気温は19℃。
表面水温は14.9℃。

ミヤベイワナ

2013年09月21日

良型ミヤベイワナのヒットレンジは水深5m前後。岬周辺ではニジマス(30〜50cm)

セカンドステージ初日。ミヤベイワナのコンディションはとても良く、30cm〜38cmの良型が釣れています。秋のミヤベイワナのアタリはとても力強く、美しいグリーンバックの個体が多いようです。全体的にヒットレンジ(3〜15m)はバラけているようでしたが、比較的一番多くヒットしているレンジは水深(5m)前後。1m〜2mの浅い水深ではショートバイトまたはサクラマス(20〜30cm)。

セカンドステージの魅力の一つ、強烈なファイトの大型ニジマスは、思い出岬のかけ上がりで(40cm)と(50cm)が、スプーン10g(ミヤベイワナ/ブルー)にヒット(島田さん/中札内)。3の湾では(47cm)がストリーマー(ゾンカー/オリーブ)でヒット(滝川さん/神奈川県)など。30〜50cmのニジマスのほとんどが、岸から15m以内のかけ上がりと、岬まわりに集中しています。うぐいす湾奥ポイントNO(4)(5)、旧北電保養所前では、少数ですがクルージング&ライズがあり。今日の最高釣果は30匹(水野さん/札幌市)午後1時〜午後2時50分頃、ポイントNO(18)で16匹連続ヒット。

天気 : 曇りのち時々晴れ 風 湖中央で南西の強風 気温 15.0℃ 表面水温 14.5℃ (午前7時)

午前7時セカンドステージ開幕

うぐいす湾のスペイキャスター

2013年09月22日

ミヤベイワナの好調なレンジは5m〜8m。ニジマス45〜58cmがドライフライにヒット。

昨日の強風から打って変わり、今日は穏やかな天候になりました。ミヤベイワナのレンジは、水深(5〜8m)が最も釣れています。ファーストステージのように、同じポイントで連続ヒットすることは少なく、丹念に広範囲を探るといいようです。好調なポイントは、思い出岬沖(15)からアイサ岬沖(13)にかけての直線、アイサ岬沖(13)からイワナ岬沖(11)にかけての直線、イワナ岬沖(11)からシャクナゲ岬沖(6)までの直線や、湖中央(18)(19)など。カルガモ岬沖では45cmの大型ミヤベイワナがヒット(百田さん/西東京市)。ミヤベイワナはグリーンバックがほとんどですが、中にはブルーを帯びているタイプも少数ですが釣れています。サクラマス(20〜35cm)のヒットレンジは、水深(1〜2m)。今日の最高釣果は25匹(岡本さん/大阪府)。

気温が上昇する午前11時頃から、各ポイントで大型ニジマスが釣れています。音更湾では(40〜45cm)がストリーマーにヒット、うぐいす湾奥(4)、カルガモ岬(5)、思い出岬(15)、ニジマスワンド(16)では、(45〜58cm)がドライフライに多数ヒット。ライズが無い場合は、大きな#6〜#8テレストリアル系のドライフライが好調。クルージングライズを狙いヒットしたフライは、#18アントなどの小さなドライフライ。ルアー(スプーンやミノー)でも50cmクラスが釣れています。

天気 : 晴れ 凪から微風 気温 10.0℃ 表面水温 14.5℃(午前7時)

大型ニジマスのファイト

ニジマス(58cm)

2013年09月23日

ミヤベイワナは早朝が狙い目。大型ニジマスが連日好調。

ミヤベイワナは早朝(水深3m前後)で釣れていましたが、それ以降は、水深(5〜8m)がヒットレンジのようです。スプーン(14g)を30秒以上カウントダウンしてスローリトリーブまたは、スロートローリングが有効。好調なポイントは、湖中央(18)(19)(20)、イワナ岬周辺(11)。アイサ岬周辺では(30〜35cm)の良型が釣れています。サクラマス(20〜30cm)のヒットレンジは水深(1〜3m)。今日の最高釣果は23匹(大谷さん/盛岡市)。

昨日に引き続き、大型ニジマス(40〜60cm)が好調。早朝から午前9時頃までは、かけ上がり周辺でルアー、フライ(ストリーマー)を深く沈めてヒットが多く、午前11時から午後3時までは、ドライフライのヒットが多いようです。ライズのあるポイントは、思い出岬周辺(15)(16)、取水口周辺(17)など。湖の各岬、ワンドはニジマスが岸寄りしているケースが多いので要チェック。ヒットしているドライフライは、#8チェルノブイリアント、#8マドラーミノー、#14アダムスパラシュート、#14ビートル、#16ソラックスダンなど多種多様。ライズが無いポイントでも(50cmクラス)がヒットしています。また音更湾岸釣りエリアでは、フライ(ストリーマー)で(35〜60cm)が釣れています。

天気 : 曇りのち晴れ 風 弱風から湖中央でやや強い風 気温 5.0℃ 表面水温 14.5℃ (午前7時)

音更湾岸釣りエリア

うぐいす湾でニジマスがヒット

おのまりさん(然別湖の取材)

2013年09月24日

良型ミヤベイワナが釣れるも数は伸びず。午後から1の湾で大型ニジマスがクルージング&ライズ。

午前8時から約1時間、湖中央ポイント(20)で良型ミヤベイワナ(30〜36cm)が水深(3〜5m)で連続ヒット。40cmのグリーンバックも釣れています。その後はショートバイトが多く釣果は低迷。サクラマス(25〜32cm)はうぐいす湾で釣れていますがレンジは深く水深(5m)。これまで表層で釣れていたサクラマスのヒットは減少。今日の最高釣果は9匹(坂さん/札幌市)。

気温が上昇する午後からは、1の湾ニジマスワンド(16)、砂場ワンド(2)〜虹色岬(3)にかけて大型ニジマスがクルージング&ライズ。今日は水面に落下している陸生昆虫が少なく、次にどこへライズするのか読めない不安定なライズで苦戦。ドライフライで数匹はヒットしたようですが、惜しくもフックアウト。

天気 : 晴れのち雨 風 微風から弱風 気温 7.0℃ 表面水温 14.0℃ (午前6時)

湖中央でミヤベイワナを狙う

水中のミヤベイワナ

2013年09月25日

朝から強い雨、ミヤベイワナは水深2〜3mでヒット。うぐいす湾ではニジマスが多数ライズ。

午前9時頃、イワナ岬[11]、湖中央[20]のポイントでは、シンキングライン(タイプⅣ)、#8ストリーマーで7匹連続ヒット(高橋さん/鹿追町)。全体的にはミヤベイワナのヒットポイントはバラけているようで、今日の釣果は一人平均3〜4匹程度。数は伸びませんでしたがサイズが良く(28〜35cm)が最も多いようです。サクラマス(20〜30cm)は岸寄りしており、水深(1〜2m)で釣れていますがヒットは少数。今日の最高釣果は12匹(高橋さん/鹿追町)。

シャクナゲ岬[6]〜カルガモ岬[5]の間とうぐいす湾[4]では、強い雨が小降りになると、大小入り混じったニジマスが一斉にライズ。岸近くに溜まった極小陸生昆虫(アワフキムシ)などを捕食。その場にいたフライフィッシャーがライズを狙っていましたがヒットは無し。今日のニジマスはかなりセレクティブになっていた様子です。音更湾岸釣りエリアでは、小型サクラマスとニジマス(38cm)がストリーマー(ゾンカー)で釣れています。

天気 : 強い雨時々小雨 風 微風 気温 13.0℃ 表面水温 14.5℃ (午前7時)

音更湾岸釣りエリア(中央)

うぐいす湾岸釣りエリア