釣果情報

2011年10月08日

大型ニジマスが一斉にライズ!!

穏やかな秋晴れに恵まれた然別湖。午前11時ころから気温も上昇し、各ポイントでは大型ニジマスのライズが一斉に始まりました。ニジマスは、木の下や、風ウラに溜まった多くのアワフキムシ(アワムシ)や、カメムシ、テントウムシなどを捕食しています。しかし、秋のニジマスは、かなり手強いので、[フライパターン]、[キャスティング]、[タイミング]のすべてが揃わないとヒットさせることは難しいようです。今日のヒットフライは、#14〜#16カメムシ、#14〜#16ロイヤルコーチマンパラシュート、#14ヘヤーズイヤーニンフなど。

ミヤベイワナは、今期セカンドステージで一番釣果が伸びました。好調なポイントは、湖中央[ポイントNO12、19]。今日の最高釣果は24匹(内ミヤベイワナ20匹)(宮村さん/帯広市)全体的に、早朝は水深(3〜5m)でも釣れているようでしたが、午前11時以降は(8〜10m)のレンジでヒットが多いようでした。

(ワンポイント情報)
天気予報は明日も晴れ。午前10時以降に各ポイントでニジマスのライズがあると思います。そこで、なかなかドライフライでヒットさせることのできない大型ニジマスの攻略法をアドバイス。(1)ボートを漕いでライズをあまり追いかけないこと。(2)無理に遠くのライズを狙わない。(3)数回キャストしたら少し場を休ませる。(4)リーダー&ティペットは長めで5X以下。(5)フライに出たら一呼吸置いて遅合わせ。

天気 : 晴れ 風 微風から弱風 気温 7.0℃ 水温 11.0℃(午前7時)

ニジマス46cm(うぐいす湾)

クルージング&ライズ

ライズの瞬間

2011年10月09日

セレクティブな大型ニジマスに大苦戦。

昨日同様、午前11時30分頃から思い出岬(ホテル側)で、複数の大型ニジマスがクルージング&ライズ。数名のフライフィッシャーが挑むも、なかなかフライを食わず大苦戦。午後になり、#16ビートルで50cmクラスをヒットさせるも(6Xのティペット)でラインブレイク。湯の花岬(3の湾側)でも、同じように複数のニジマスがライズ。数時間粘って#16ソフトハックルで(43cm)ようやくヒット(南さん/千葉県)。目の前で悠然とライズを繰り返す大型ニジマスはかなり手強いようです。

早朝は水深(3〜5m)で釣れていたミヤベイワナが、日が高くなるにつれて深場に下がり、全体的に釣果は低迷。さらに午前10時頃からは、湖中央で風が強くなり、ボートを定位することも困難になりました。全体の釣果は(0〜5匹)程度。今日最高の釣果は17匹(内ミヤベイワナは16匹)(喜島さん/稚内市)。

★ミヤベイワナマスター(喜島さん)の釣り方をご紹介★
【ライン】ナイロン6〜10lb
【ルアー】スプーン14〜18g(緑・金など)
(※)ドジャーやウェイトは一切使用しない。
早朝はルアーをカウントダウン[10〜15]、午後からはカウントダウン[20]。
アイサ岬[ポイントNO13]〜湯の花岬[ポイントNO14]の沖合を、超スロースピードでボートを漕ぎ、ミヤベイワナのレンジを探ります。魚のアタリが多いポイントを何度も繰り返しトローリング。(今日の釣果は2人で合計29匹)。

天気 : 晴れ 風 微風から湖中央で強風 気温 9.0℃ 水温 11.0℃(午前7時)

湖中央はミヤベイワナのポイント

大型ニジマスのライズを狙う

ミヤベイワナ35cm(本村さん/帯広市)

2011年10月10日

良型ミヤベイワナがシャクナゲ岬沖で釣れています。

早朝は(水深5m)前後で、良型ミヤベイワナ(35〜40cm)が釣れています。ヒットポイントは、イワナ岬沖、シャクナゲ岬沖など。湯の花岬沖の(水深3m)では(20〜30cm)の小ぶりなミヤベイワナが好調。ヒットルアーは、スピナー7g。うぐいす湾では、小型のサクラマス(20〜25cm)がニンフ(ゴールドビーズヘヤーズイヤー)で連続ヒット。今日の最高釣果は10匹(寺山さん/仙台市)。

連日、小さな陸生昆虫へのライズに苦戦しているフライフィッシャーたち。
一般的に使用するフライサイズは(#16〜#18テレストリアル、#20ミッジ)

「昨日も完全に無視され続けているので、今日は思い切って#10エルクヘヤーカディスを使ってみたら…」(小糸さん/東京都)。これがアタリで見ごとに大型ニジマスがヒット。しかし、ボート近くに寄せてから、急に深場に潜られて惜しくもラインブレイク・・・

(大型ニジマス情報)
午後から、3の湾奥、思い出岬(ホテル側)、シャクナゲ岬、1の湾(旧北電保養所前〜砂場ワンド)でニジマスのクルージング&ライズがありました。今日も数名のフライフィッシャーが何度もトライしましたが残念ながらヒットは無し。1の湾(ニジマスワンド)では、スピナー7gで(水深3m)を探り、ニジマス(47cm)がヒット(坂田さん/札幌市)。

天気 : 曇り 風 微風から湖中央で強風、午後から弱風 気温 9.0℃ 水温 11.0℃(午前7時)

ニジマスのライズへキャスト

カヤック&フィッシング

2011年10月11日

然別湖特別解禁セカンドステージ最終日

早朝から湖中央で風が非常に強く、いつもは風ウラになる3の湾、うぐいす湾の中まで風が吹き込む厳しい状況。唯一の風ウラは、1の湾(西側)のみでした。湾の中央付近でもボートが風に流されて、良型ミヤベイワナのヒットレンジ(5m)までルアーを沈ませることも難しく、浅い水深の小型サクラマス(20〜25cm)や、小型ミヤベイワナ(20〜25cm)のヒットが多いようでした。中には(35〜36cm)も釣れていましたが極少数。今日の最高釣果は8匹(嘉村さん/佐賀県)。

今日は風が強くライズがほとんど無し。午後になり、比較的に風が穏やかな、1の湾(ニジマスワンド)で、#12アントに大型ニジマスがヒットするもバレ。

本日を持ちまして2011年度然別湖特別解禁がすべて終了いたしました。
然別湖にお越し頂きました皆さまへスタッフ一同心より御礼申し上げます。

天気 : 曇り 風 湖中央で強い西風。 気温 5.0℃ 水温 10.5℃(午前7時)