釣果情報

2011年07月09日

ドライフライが好調!1の湾で良型サクラマス、大型ニジマスがヒット。

午前中は北西の風が非常に強く、音更湾は遊漁規制になりました。風は午後から次第に弱まり天気も回復、気温も25℃まで上昇。ドライフライで岸際を攻めていたアングラーには、良型サクラマス、大型ニジマスがヒットしています。

風向きの影響で、1の湾西側の掛け上がりに、風で落下した陸生昆虫が集中。(桟橋前周辺)、(取水口周辺)、(ニジマスワンド周辺)が好ポイントになっていました。ニジマス(40〜50cm)、良型サクラマス(30〜33cm)は、すべてこのポイントで釣れています。ルアー(スプーンまたはミノー)への反応は渋く、良型のヒットは無し。セミルアーにはライズするようですが、なかなかフックアップしないようです。

(ミヤベイワナ情報)
ミヤベイワナのレンジはかなり深いようで、ルアーキャスティングのヒットはありませんでした。このような状況では、ヘビーな「オモリ」の使用や、10〜15mのレンジを一定にトローリングできるラインシステムが必要になります

天気 : 曇りのち晴れ 風 湖中央強い風 気温 19.0℃ 水温 17.0℃ (午前6時)

アオサギ(1の湾)

取水口周辺で良型ニジマスがヒット

カヌー&フライフィッシング

2011年07月10日

トローリングでミヤベイワナが良く釣れていいます。

早朝は雨、そして曇り、午後から夏日の様な晴れと天気がめまぐるしく変わる一日でした。湖中央、イワナ岬沖などの(水深5〜10m)のレンジをトローリング。ミヤベイワナ(20〜35cm)、サクラマス(15〜25cm)が合計で14匹(岡本さん/八尾市)。ラインシステムは(レッドコアライン+シンカー+ミノー5cm)。深場に潜ったミヤベイワナを数多く釣るためには、トローリング用のシステムが有効です。

ドライフライには、サクラマス(30〜35cm)、ニジマス(29〜41cm)がヒット。好調なポイントは、1の湾西側掛け上がり周辺〜(取水口)〜(ニジマスワンド)。岸際(1〜2m)以内にフライをキャストして釣れています。ヒットフライは、#8エルクヘヤーカディス、#8マドラーセッジ、#8ロイヤルトルードなど。良型ニジマスのヒットはすべてフライフィッシング。

(フライフィシングのタックル)
ボートからニジマスを狙う場合のタックルは、#5〜#7シングルハンドまたはスイッチロッド(9〜11フィート)。リーダー&ティペットは(3〜4X)長さは15〜16フィート程度が良いでしょう。ラインはフローティングライン(WF)。フライは、#8〜#10テレストリアル系、マドラーミノー、ウェット、ゴールドビーズヘヤーズイヤーなど。(※)マドラーミノーやウェット、ニンフはスローリトリーブが効果的。

明日はファーストステージ最終日。
当日券は午前5時より、受付事務所にて販売いたします。

天気 : 曇りのち晴れ 風 湖中央強い風 気温 19.0℃ 水温 17.5℃ (午前6時)

1の湾でドライフライが好調

湯の花岬

#8ロイヤルトルード

2011年07月11日

ファーストステージ最終日

本日を持ちまして然別湖特別解禁ファーストステージが終了いたしました。道内はもとより本州から然別湖にお越し頂いた多くの皆さまへ、スタッフ一同心より御礼申し上げます。

秋のセカンドステージは、9月30日(金)〜10月11日(火)12日間開催いたします。美しい紅葉のセカンドステージにも是非お越しください。

天気 : 曇り 風 湖中央でやや強い風 気温 19.0℃ 水温 18.0℃ (午前6時)

ミヤベイワナ35cm(グリーンバック)

2011年09月30日

セカンドステージ初日は小型サクラマスの猛攻撃

今日は水深(1〜3m)を泳層にしている小型サクラマス(20〜25cm)の活性が非常に高く一番良く釣れています。特に掛け上がり周辺に多く、大きな群れに当たるとヒットするのはすべてサクラマスになるケースもあったようです。ミヤベイワナは逆に低活性で、チェイスはあってもヒットしないケースが多いようでした。今日の表面水温は14℃と高く、ここ数日間で水温が12℃まで下がればミヤベイワナの活性が一気に上昇するでしょう。今日の最高釣果は53匹(喜島さん/稚内市)。

セカンドステージの魅力のひとつ「大型ニジマス」の最高は52.5cm(高橋正さん/新得町)。今日ヒットしたニジマスのサイズは45cmクラスがもっとも多いようでした。フライは、#6〜8ストリーマー(ダークカラー系)が良く、掛け上がり周辺の水深(3〜5m)で釣れています。また、ライズがあるポイントでは、#18〜#16のドライフライが良いようです。ルアーは、スプーン8〜10g(金/ピンク)など。

(ニジマスのライズポイント)
1の湾(桟橋周辺)、砂場ワンド周辺、2の湾奥または、思い出岬周辺など。※ニジマスのライズは岬の風ウラまたは、落ち葉などが溜まりやすい場所に多い。捕食している昆虫は、アワムシや羽アリなど小さな陸生昆虫。良くポイントを観察して、回遊しながらライズする複数のニジマスを見つけたらチャンスです。

(ミヤベイワナのポイント)
ミヤベイワナはあまり岸寄りしておらず、湾の中央や湖中央が狙い目。ルアー、フライを水深(5〜7m)まで一旦沈めて、スローでリトリーブしてみましょう。

天気 : 曇り時々小雨 風 微風 気温 10.0℃ 水温 14.0℃ (午前7時)

ミヤベイワナがドライフライでヒット

紅葉も色づいてきました

2011年10月01日

3の湾沖、イワナ岬沖でミヤベイワナが良く釣れています。

初日あまり釣れていなかったミヤベイワナ(25〜45cm)が釣れるようになりました。ヒットポイントは、取水口沖、湖中央、3の湾沖、イワナ岬沖など。午前中にヒットする水深は(1〜5m)が多く、太陽が上昇するにつれてレンジが深くなるようです。今日の最高釣果は23匹[その内ミヤベイワナ12匹](喜島さん/稚内市)。また、ミヤベイワナの45cmが3の湾(アイサ岬沖)で釣れています。ヒットルアーは、メタルジグ14g[グレー/シルバー・タングステン](森さん/北見市)。

今日も小型のサクラマス(20〜25cm)が良く釣れています。中でも音更湾岸釣りエリアが特に釣れるようです。ヒットする場所は岸から(5m以内)のブレイクライン。(※)過去のセカンドステージで、これほど多くのサクラマスが釣れたことはありませんでした。

大型ニジマス(40〜59cm)のヒットポイントは、思い出岬周辺、ニジマスワンド、砂場ワンド周辺、シャクナゲ岬周辺、音更湾北側ワンド。ヒットレンジは(1〜3m)、ヒットルアーは、スプーン5〜8g(ピンクシェルやアワビなど)、ヒットフライは、#6〜8ウーリーバガー、ゾンカー(ブラック)、#12ゴールドビーズヘッドマラブー(ブラック)など。(※)水中に沈んでいる倒木周辺は要チェック!

(ミヤベイワナ情報)
過去のデータによるとミヤベイワナは表面水温が10℃〜12℃になると比較的に良く釣れるようになります。今日の水温は12.5℃ミヤベイワナの活性も上がってきているようです。

天気 : 晴れ 風 微風から強い西風 気温 9.0℃ 水温 12.5℃ (午前7時)

ファミリーフィッシング

ミヤベイワナマスター(喜島さん)

音更湾でサクラマスが連続ヒット

2011年10月02日

雪、風、忍耐の然別湖・・・全体的に釣果は低迷。

午前7時の気温3℃、天気は曇りから次第に雪へ変わり、風も強くなる…。 今日は、然別湖特別解禁が始まって以来の最高に厳しい一日。それでもゲストの皆さんは、魚を求めボートを漕ぎ、キャスティングを繰り返していました。しかし午後から雪がみぞれに変わると、心折れて早めに終了する方も・・・。全体的な釣果は0〜5匹と非常に少ない結果になりました。今日最高の釣果は15匹(高木さん/帯広市)。

岸近くの掛け上がり周辺や、少し沖目の浅い水深では、小型サクラマス(20〜25cm)が一番多く釣れています。中には良型(30〜35cm)も釣れていますが極少数。大型ニジマス(40〜48cm)のヒットも少なく全体で7匹程度。今日は残念ながら50cmオーバーは釣れませんでした。

天気は明日から回復し、気温も徐々に上がるようです。(※)週末の天気予報は、晴れ時々曇りで最高気温は16℃前後。

(道路情報)鹿追町から然別湖に続く道路に積雪はありませんが、運転には十分気をつけてください。

★明日(10月3日)は当日券がございます。6時より受付で販売いたします。

天気 : 晴れのち曇、雪・みぞれ 風 微風から非常に強い西風 気温 3.0℃ 水温 12.0℃ (午前7時)

音更湾のスペイキャスター

カヤック&ルアーフィッシング

紅葉と雪景色

2011年10月03日

ミヤベイワナが少しづつ岸寄りしてきています。

連日、小型サクラマス(20〜25cm)のヒットが一番多く、ミヤベイワナが少ない状況ですが、今日は岸から20〜30m以内の掛け上がりでも少し釣れるようになってきました。砂場ワンド周辺では、50cmに近い大型のミヤベイワナがヒットしましたが、惜しくもライディング寸前でバレ[高原さん/東京都]。1の湾(ニジマスワンド周辺)では、ボートを岸に寄せて沖へキャスティングし、カウントダウン「10」でミヤベイワナ(25〜27cm)が5匹ヒットしています[多治米さん/東京都]。湖中央では、水深5〜10mでミヤベイワナ(25〜38cm)が釣れていますが、食いが渋くなかなかフックアップしないようでした。今日の最高釣果は13匹(新垣さん/東京都)。

(大型ニジマス情報)
音更湾北側ワンド岸釣りエリアで、グッドコンディションのニジマス(56cm)が、スプーン10g(ミヤベイワナカラー/ブラウン)でヒット[永原さん/札幌市)]。1の湾では、砂場ワンド手前の「横に傾いたダケカンバ」の下で(54cm)が、#8ゾンカー(ブラック)でヒット、同じく1の湾(取水口周辺)でも(52cm)がヒット[宮部さん/鹿追町そば処大雪]。その他、40〜45cmのニジマスが釣れています。(※)大型ニジマスのほとんどは、岸から10m以内の水深(2〜3m)でヒット。

(好調なルアー)
スプーン(5〜10g)、カラーは(ピンク、シェル系、赤金)など。数釣りには軽いスプーンが良いようです。またミヤベイワナを狙う場合は、スローリトリーブが効果的。

(好調なフライ)
#6〜8ウーリーバガー(ブラック)、#6〜8ゾンカー(ブラック)など。岸際には2〜3cmの稚魚が泳いでいるので、ボディが小さめのストリーマーが良いようです。(※)昨日、今日と日中の最高気温(7℃〜8℃)が低くライズは無し。

天気 : 曇のち晴れ 風 弱風からやや強い西風 気温 1.0℃ 水温 11.5℃ (午前7時)

大雪山系の山々は雪景色

大型ニジマスを狙う

2011年10月04日

大型ミヤベイワナ(40cm)がシャクナゲ岬沖で釣れています。

シャクナゲ岬沖で、ミヤベイワナ(40cm)が3匹、アイサ岬沖では(45cm)が1匹、カルガモ岬沖で(35cm)が2匹と良型から大型タイプがヒット(吉野さん/千葉県)。スプーン10〜12g(金/赤、金/緑)を約10m沈ませてからリトリーブして約5m付近で釣れたようです。全体的にはミヤベイワナの釣果はに渋く、小型のサクラマス(20〜25cm)が多いようです。今日の最高釣果は12匹(吉野さん/千葉県)。

音更湾北側ワンド岸釣りエリアでは、サクラマス(20〜27cm)がルアーでコンスタントに10匹ヒット(中村さん/東京都)。フライでは、#8ゾンカー(ブラック)で40cmクラスのニジマスがヒットしています(宇井さん/鹿追町)。音更湾岸釣りエリアは強い西風が当たりやすく、フライキャスティングでは向かい風になります。しかし、魚影は濃いのでじっくり攻めてみたいポイントです。

(ミヤベイワナ情報)
これまでのセカンドステージ5日間は、昨年に比べミヤベイワナの釣果は少ないようですが、湖中央(ポイントNO12、18、19、20)や、岬と岬を結ぶ中間点を丁寧に釣れば(5〜10匹)の釣果は見込めます。早朝はやや浅いレンジ(3m〜5m)を狙い、アタリが少なくなったら深いレンジを探るようにすればいいでしょう。(※)1の湾(旧北電保養所前、桟橋周辺)でもミヤベイワナ(25〜35cm)が釣れてきています。

(ライズ情報)
1の湾(ニジマスワンド)で午後から散発のライズがありました。直後に#12ゴールドビズヘヤーズイヤーでヒットしましたが残念ながらラインブレイク。

(ワンポイント情報)
より詳しいポイント情報については、当日スタッフにお聞きください。丁寧にご説明させて頂きます。

天気 : 晴れ 風 弱風からやや強い西風 気温 1.0℃ 水温 11.0℃(午前7時)

カヤックでミヤベイワナを狙う

音更湾岸釣りエリア

2011年10月05日

ミヤベイワナが釣れるエリアが広範囲になりました。

ミヤベイワナ(25〜35cm)1の湾、2の湾、うぐいす湾でも、ルアー、フライ共にヒットするようになりました。また湖中央のトローリングでは、約2時間で11匹の釣果、ヒットルアーはスプーン5g(ピンクアワビ)ヒットレンジは約5m。小型サクラマス(20〜25cm)は、1の湾取水口周辺の水深(2〜3m)で良く釣れています。全体の平均釣果はは1〜6匹。今日の最高釣果は15匹(天野さん/岩見沢市)。

(ニジマス情報)
今日の最高気温は15℃になり、昆虫たちの活動が活発になりました。午後から、1の湾取水口周辺で散発のライズがあり、#14エルクヘヤーカディス、#16グリフィスナットで(40〜50cmクラス)がヒットしています。※バレやラインブレイクも多数有り。

(ライズポイント情報)
大型ニジマスの実積の高いライズポイントは、[桟橋前周辺]、[旧北電保養所前〜砂場ワンド周辺]、[桟橋前〜取水口周辺]、[ニジマスワンド]、[思い出岬周辺]、[虹色岬周辺]、[うぐいす湾奥]など。湖面がベタ凪になっていればチャンス。また風向きによりライズするポイントは変化します。これから最高気温(13℃以上)が安定してくれば、ライズも増えてくるでしょう。

天気 : 晴れ 風 弱風からやや強い西風 気温 7.0℃ 水温 11.0℃(午前7時)

ドライフライでニジマスがヒット

1の湾の紅葉

2011年10月06日

ライズは早朝のみ、その後雨が降り出し大型ニジマスは沈黙・・・

早朝は微風、1の湾はベタ凪になり、[旧北電保養所〜砂場ワンドの間]でニジマスのライズがありました。近くにいたフライフィッシャーがトライするも苦戦。その後、雨が降り出し、ニジマスのライズはまったく無くなりました。今日の最高気温は(13.0℃)とまずますでしたが、天気は終日回復せず大型ニジマスのヒットは無し。

ミヤベイワナは、湖中央[ポイントNO12]で良くアタリがありますが、なかなかヒットしない様子。食い渋りの中で好調だったルアーは、スプーン10g(チヌーク/アワビ、白・赤)、スプーン(ディープカッパー/シルバー・ピンク)など。今日最高の釣果は12匹(飯塚さん/埼玉県)。

(ミヤベイワナ情報)
今日好調だったヒットレンジは(4m〜6m)。それより浅い水深では小型サクラマス(20〜25cm)がほとんど。サクラマスが多く釣れている時は、ルアーをもっと沈めるようにしてみましょう。

天気 : 曇りのち雨 風 微風 気温 7.0℃ 水温 11.0℃(午前7時)

旧北電保養所前

音更湾インレット