釣果情報

2011年06月16日

ミヤベイワナは音更湾(水深5m)で好調。ポイント探れば連続ヒット!

解禁当初に比べ、難しくなったミヤベイワナですが、水深5mのボトムを丹念に探れば良く釣れるようです。砂場ワンドでは40cm(ブラウンバック)もヒット。音更湾北側ワンド、音更湾インレットは連日好調。7〜8gのスプーンをボトムに落とし、ミヤベイワナを誘うようにリトリーブ。音更湾を中心に17匹(榎さん/愛知県)、音更湾インレット周辺で15匹(家泉さん/栃木県)。今日最高の釣果は21匹(福田さん/茨城県)ほか。

(ヒットルアー情報)
ブレイド7〜10g(黒/水玉ピンク)、オリエン7〜10g(ホットタイガー)、プロビア10〜12g、フロントレイク6g。(※)カラーによって釣果に大きな差がでるようです。

(ミヤベイワナ情報)
ミヤベイワナのヒットレンジは(水深3〜10m)とポイントによって変わります。まず各ポイントのレンジを幅広く探ります。チェイスがあったら、カラーチェンジを繰り返しヒットルアー見つけてください。ミヤベイワナを多く釣るためには、ワンパターンでは苦戦します。

天気 : 曇りのち時々晴れ 風 微風〜午後からやや弱風 気温 15.0℃ 水温 12.5℃ (午前6時)

音更湾北側ワンドが好調

ミヤベイワナがヒット

今日のヒットルアー各種

2011年06月17日

フライでニジマス50cmオーバー連続ヒット!!

うぐいす湾岸釣りエリアでニジマス(50〜55cm)が、#6ストリーマー(コーンヘッド)で釣れています。フライラインはインターミディエイト+シンクティップ(タイプ2〜4)。うぐいす湾奥の岸から約10mの掛け上がりにウィード(水草)が生い茂っています。この水草の前後でニジマスが回遊(水深3〜5m)。ワカサギなどの小魚をターゲットにしているようです。

(モンカゲロウ情報)
うぐいす湾の表面水温は13.5℃。例年、15℃〜16℃でモンカゲロウのハッチが始まります。ハッチが多いポイントは、うぐいす湾、音更湾、砂場ワンドなど。(※)20日〜25日頃にハッチが始まるかも・・・

(ミヤベイワナ情報)
ミヤベイワナは水深(5m以下)の深場に移動。今日はルアーへの反応が鈍く、フライへの反応は良かったようです。音更湾南側掛け上がりでは、岸から15m以内でブラウンバックの良型(35cm)が釣れています。ヒットフライは、#6〜8ゾンカー(黒)など。

(当日券について)
明日18日、明後日19日の当日券あります。前日電話予約も受け付けておりますので是非ご利用ください。(tel: 080-5599-9591)※電話受付は午前7時〜午後6時まで。

天気 : 晴れ 風 微風〜午後からやや強い風 気温 15.0℃ 水温 13.5℃ (午前6時)

ミヤベイワナ(ブラウンバック)

ミヤベイワナ(ブラウンバック)

うぐいす湾でスペイキャスト

2011年06月18日

ミヤベイワナは湖中央で好調。岸近くでは水深5m以下。

砂場ワンド沖、虹色岬沖、シャクナゲ岬沖の水深(2〜3m)でミヤベイワナが良く釣れています。ヒットルアーは、スプーン7g(赤金または、緑金)、岸から約100m離れたところを(通常のライン+ルアー)でトローリングで40匹。今日の最高釣果(山崎さん/滝川市)。※解禁区域境界線周辺では、スプーン13g(SGヘブン)で20匹(中尾さん/遠軽町)。1の湾桟橋周辺ではミヤベイワナ(35〜38cm)良型ブラウンバックが釣れています。全体では平均6〜8匹の釣果。

(ミヤベイワナ情報)
岸近くの掛け上がり周辺の釣果は渋く、岸から30m以上離れたポイントが良いようです。ブラウンバックが釣れるエリアは、1の湾桟橋前、砂場ワンド周辺、音更湾北側ワンド、音更湾インレット周辺。ブルーバックは、湖中央。全体的にグリーンバックが多くなってきたので、3色揃えられるのもあと僅か。

(陸生昆虫情報)
午後から気温が上昇し、陸生昆虫の動きが活発化。エゾハルゼミも鳴き出しています。風ウラでは散発ですが良いライズがありました。砂場ワンド周辺では、大型ニジマスがドライフライに反応したようです。※ヒットしてからバレ。

天気 : 曇り時々晴れ 風 微風〜午後からやや強い風 気温 15.0℃ 水温 13.5℃ (午前6時)

ミヤベイワナ(35cm)

受付でルアー、フライ販売中

2011年06月19日

虹色岬沖、湖中央(水深3〜5m)でミヤベイワナが釣れています。

ミヤベイワナの良く釣れるポイントは湖中央ポイントNO(18)(19)(20)。ボートからキャスティングで釣る場合は、10gのスプーンでカウントダウン(20〜30秒)。できるだけ沈みやすいスプーンが良いようです。また、ボートでゆっくりトローリングしても釣れています。数多く釣るにはアタリがあるエリアを集中的にトローリングが有効。ミヤベイワナは平均5〜8匹、今日最高の釣果は、15匹(中川さん/幕別町)ヒットルアーは、黒系のスプーン7g。

湖中央以外のポイントでは、レンジはやや深め(水深5〜7m)。掛け上がりのボトム付近でもヒットしています。フライ、ルアーを確実に5m以下に沈めることが釣果を上げるポイント。

(ニジマス情報)
今シーズンはじめてドライフライで良型ニジマスがヒットしています。気温が上昇する午後から、1の湾でライズあり。数日後には水温も15℃になりそうです。例年、16℃〜17℃で大型ニジマスが岸沿いをクルージング。トップウォーターのシーズンはもうすぐです。

天気 : 曇り時々晴れ 風 微風〜午後からやや強い風 気温 14.0℃ 水温 14.0℃ (午前6時)

うぐいす湾でニジマスを狙う

ミヤベイワナ(ブラウンバック)

2011年06月20日

午後からドライフライにヒット!良型ニジマス釣れています。

午前中の曇り空が午後から一気に晴れ、気温が22℃まで急上昇。エゾハルゼミが鳴き、ガガンボ、ケバエ、ハチなどの昆虫たちの活性が一気に上がる。時折吹く西からの強い風にあおられ木々から昆虫が水面に落ちる。この時、風が巻き込んでいる(虹色岬)の比較的穏やかなポイントは絶好のエサ場になっていた。このチャンスに、ニジマスのクルージングを発見。進行方向へフライをキャスト。数秒後、吸い込まれるようにフライが消えた。確実にフックアップ、深場へ刺さりこむようなナイスファイト。数分後にネットインしたのは、ギラギラ輝くボディーにレッドバンドが映えるニジマス48cm(南さん/岩見沢市)ヒットフライは、#4タランチュラ。

1の湾でも午後から一斉にライズ。サクラマス30〜35cm、ニジマス45cmが立て続けにヒット。フライは、#6マドラーミノー(東丸さん/恵庭市)。いよいよ待ちに待った、然別湖のトップウォーターの釣りが始まった。

イワナ岬の掛け上がりでは、ニジマス43cmがスプーン15g(ピンク/ゴールド)にヒット(井雲さん/札幌市)

天気 : 曇り時々晴れ 風 弱風〜午後から湖中央で強い西風 気温 13.0℃ 水温 14.5℃ (午前6時)

ドライフライでニジマスを狙う

ニジマス45cm

今日活躍したドライフライ

2011年06月21日

ニジマスの活性が上昇中!ドライフライに良く反応しています。

昨日好調の虹色岬では、40cmクラスのニジマスが#8タランチュラにヒット(阿部さん/徳島県)。気温が上がり始める午前10時頃から午後にかけて、ドライフライに良く反応しています。シンキングラインタイプ3では、ミヤベイワナ(30〜35cm)、ニジマス(30〜40cm)、サクラマス(40〜45cm)が釣れています(清水さん/神奈川県)。ミヤベイワナは午後からは深場に下がるようで、なかなかフライではヒットしないようです。

ルアーでは、ミヤベイワナ(25〜40cm)が釣れています。ヒットルアーは、スプーン10g(白/シルバー)など。水深(3〜4m)で釣れるのは午前中のみ、午後からは、取水口のボトムで釣れています。※ミヤベイワナ40cmは取水口でヒット(井上さん/神奈川県)。

(ニジマス情報)
ドライフライでニジマスを狙う場合は、岸際(1〜5m)にキャスティング、#6〜#8程度の大きなフライが有効です。フライが着水して反応がない場合は、フライを小刻みに動かすと、反射的にライズすることもあります。実績の高いポイントは、1の湾桟橋前、1の湾旧北電保養所前、砂場ワンド周辺、虹色岬周辺など。

天気 : 晴れ後曇り 風 弱風〜午後から湖中央で強い西風 気温 16.0℃ 水温 14.5℃ (午前6時)

虹色岬でニジマスを狙う

グラマラスなニジマス

2011年06月22日

うぐいす湾で大型ニジマスがドライフライに連続ヒット!

今日も午前10時頃から午後に掛けて、ニジマス(37〜47cm)、サクラマス(30cm)がドライフライにヒットしています。うぐいす湾奥の掛け上がりでは、ニジマス(47cm)が2匹連続でヒット。フライは、#6ヒゲナガカディス(下畝さん/神奈川県)。

(ハッチ情報)
砂場ワンド周辺で午後2時30分頃、モンカゲロウのハッチを確認(今季初)。1の湾、うぐいす湾では、センブリのハッチも始まりました。今後、水生昆虫のハッチに伴ないニジマスの活性がさらに上昇するでしょう。

(ミヤベイワナ情報)
ミヤベイワナの泳層は(3〜10m)の範囲。カウントダウンをして、しっかりレンジを探るようにしましょう。移動中のトローリングでは、デッドスローでボートを漕ぐと良いようです。

(お電話からのご予約)
前日予約、当日券については下記までお問い合わせください。
TEL: 080-5599-9591(※)午前7時〜午後6時まで。

天気 : 曇り 風 やや強い風 気温 17.0℃ 水温 14.5℃ (午前6時)

うぐいす湾でフライフィッシング

アベレージ(30cm)のサクラマス

2011年06月24日

湖中央ポイント(19)、イワナ岬沖でミヤベイワナが好調!

今日は、小雨が降る肌寒い一日。表面水温も若干下がり、ミヤベイワナが水深(1〜3m)でよく釣れいます。湖中央ポイントNO(19)では、フライ(タイプ3+ウーリーバガー)、ルアー(スプーン7g銀/赤)で良く釣れています(引野さん/京都市)。

(釣果データーから)
8時スタート(6)〜(10)に向かって潮目があり、潮目の中をボートを風にまかせて流す。自然に流しながら、風上に向かってキャスト&リトリーブするとミヤベイワナ(28〜38cm)が連続ヒット。午後から岸際で#8マドラーミノーに良型ニジマスがヒット。ハッチ、ライズも無かったが、大型ドライフライに出た。サクラマスは、岸際(5m)以内に平行してボートを漕ぎ、#6ウーリーバガー(オリーブ)を引っ張り連続でヒット。

(ミヤベイワナ情報)
ミヤベイワナは水深(4〜5m)でも釣れています。ポイントによってレンジが異なるので、幅広く探ると良いようです。早朝が比較的浅いレンジ(1〜3m)でヒットするようです。

(ハッチ情報)
2日間の低気温(7〜10℃)で表面水温が下がりました。モンカゲロウ、センブリのハッチは無し。明日から天気が回復し、水温が上昇すればハッチも再開するでしょう。比較的水温が高い(砂場ワンド、うぐいす湾、音更湾インレット)が狙い目。

天気 : 小雨 風 微風 気温 7.0℃ 水温 13.0℃ (午前6時)

良型サクラマス(1の湾)

サクラマスがヒット

ラッキーフィールドご一行様

2011年06月25日

良型ミヤベイワナはイワナ岬沖、思い出岬沖の水深5〜6mで釣れています。

晴天の影響で、良型ミヤベイワナのヒットレンジは深くなりました。スプーン7〜10gでカウントダウンは20〜30程度。表層(水深1m前後)では、(13〜20cm)の小さなミヤベイワナが釣れ、深場でヒットするミヤベイワナは(25〜40cm)。全体的には平均5〜7匹の釣果。今日最高の釣果は16匹(吉岡さん/愛知県)。

(ドライフライ情報)
早朝の気温は7℃。午後になっても気温は15℃。陸生昆虫の活動は鈍く、水面に浮く昆虫は極わずか。ライズがほとんど無い中でも、掛け上がりでドライフライに反応しています。
うぐいす湾岸釣りエリアでは午後からサクラマス(40cm〜)が、#10ヒゲナガカディスでヒット(星野さん/札幌市)。大型レインボーもドライフライでヒットしたようですが残念ながらバレ。シャクナゲ岬では、ニジマス(42cm)がセミフライにヒット(前田さん/兵庫県)、音更湾北側ワンドでは、ニジマス(42cm)が#10ブラックカディスでヒット(阿部さん/札幌市)ほか。

(ハッチ情報)
定点観測している桟橋前の表面水温は14℃。砂場ワンド(2)で15℃、うぐいす湾奥(4)で15.5℃。各ポイントでは、午後からモンカゲロウとセンブリが少数ハッチ。このハッチには、小さな魚が多く反応しているだけ。今後、ハッチが多くなれば、大型ニジマスもさらに岸寄りしてくるでしょう。また、ドライフライへの反応は午後になってからの方が良いようです。

天気 : 晴れ時々曇り 風 弱風 気温 7.0℃ 水温 14.0℃ (午前6時)

湖中央でミヤベイワナを狙う

ミヤベイワナ40cmを釣った少年

カワアイサの親子

2011年06月26日

ミヤベイワナは午前のみ、午後から釣果が減少。

ミヤベイワナは早朝〜午前8時頃まで、イワナ岬沖水深(4〜5m)で釣れていましたが、午前9時頃から、チェイス、アタリとも減少。各ポイントでも釣果は思うように伸びず、今シーズン最低の釣果結果(平均2〜3匹)、今日最高の釣果は6匹(麻生さん/千歳市)。今日は全体的にミヤベイワナのアタリが弱く、なかなかフックアップしない様子でした。

(ニジマス情報)
1の湾では散発のライズのみ、他のエリアでもライズは非常に少なかったようです。1の湾(ニジマスワンド)でドライフライにヒット、しかしラインブレイク。1の湾取水口周辺では、#8マドラーミノーに大型ニジマスがヒットしましたが残念ながらバレ。

(ハッチ情報)
モンカゲロウ、センブリのハッチは極少数。音更湾インレット周辺で、午後1時頃から(ユミモンヒラタカゲロウ)のハッチがありましたが、大型ニジマスのライズは無し。

天気 : 晴れのち曇り 風 弱風 気温 8.0℃ 水温 14.5℃ (午前6時)

ユミモンヒラタカゲロウ

イワナ岬沖でミヤベイワナを狙う

取水口周辺はニジマスの好ポイント