釣果情報

2010年07月04日

セミフライで大型ニジマスがヒット。午後からニジマスの活性がアップ!

ニジマス(35〜50cm)がトップウォーターで釣れています。ヒットポイントは、1の湾(17)、シャクナゲ岬(6)、イワナ岬(10)、音更湾(8)、(9)他。ヒットフライは、#8シケーダー、#10センブリドライ。ヒットルアーは、セミ、ミノー(3〜5cm)等。

午前11時頃から気温が上昇し、風が吹き出してから、ニジマスの活性が一気に上昇。岸際へ、フライ、ルアーをキャストすると果敢にライズしていたようです。大型ニジマスのヒットはすべて午後から。ライズする中には、サクラマス(30〜35cm)も少数混じっています。

(ニジマスの狙い方)
岸際のオーバーハングの影や、かけ上がりのブレイクラインが狙い目です。フライ、ルアー共に、丹念にポイントを探ることが大切。表面水温が21℃と高く、ニジマスは水深(3〜5m)の深場から水面に上昇してきます。フライ、ルアーが着水してからライズするまで、数十秒かかることがあるので、目を離さぬように。ヒットさせるコツは一呼吸置いて遅合わせ!

ミヤベイワナ(25〜41cm)は、チェイスとアタリは多いようですが、なかなかヒットしなかった様子。釣れるミヤベイワナは、グリーンバックがほとんどで、ブルーバックは極少数。ヒットするレンジは、水深(10〜15m)。全体の釣果は一人(0〜8匹)。今日最高の釣果は8匹(星野さん/札幌市)。

天気 : 曇り 微風から弱風 気温 19.0℃ 水温 21.0℃ (AM6:00)

ミヤベイワナ(グリーンバック)

ドライフライでヒットしたニジマス

かけ上がりのブレイクラインが狙い目

2010年07月05日

晴天の然別湖、ミヤベイワナはさらに深場へ・・・

然別湖の天気は快晴、「凪の晴れの日はミヤベイワナが深場に潜る」のセオリー通り、釣果が伸びず厳しい1日。水深(10m以上)にルアーを沈め、アタリがあるがなかなかヒットしない場合は、大きく合わせを入れてみるとフックアップ率が上がるようです。全体の釣果は一人(0〜4匹)。今日最高の釣果は4匹(天野さん/岩見沢市)、(渋澤さん/東京都)。

昨日まで、好調だった大型ニジマスも今日は(15〜38cm)まで。岸際に風が吹き抜けている場所では、ドライフライに反応するようですが、べた凪のポイントではとても渋いようです。ドライフライでニジマスやサクラマスを狙う場合、キャスティングは難しくなりますが、風の吹くポイントを中心に攻めてみてください。また、実績の高いポイントは、湖側に斜めに倒れている木々の周辺です。

(オリカラミヤベイワナスプーン)
一瀬丸さんから、「グリーン、ブラウン、ブラウン、秋ミヤベ」の4種類が発売になりました。この美しいルアーは、下記のウェブサイトからご購入できます。

(オリカラウェブショップより参照)
北海道・然別湖にしか生息しない【幻の岩魚】ミヤベイワナをモチーフにデザインした、2010年初のNewオリカラです! ミヤベイワナには3色の固体色(ブルー・グリーン・ブラウン)があり、秋のブナ化した固体色も追加しての4デザインでリリースです! ブルーバック・グリーンバックは言わずと知れた山女魚キラー!ブラウンと秋ミヤベカラーは、イワナ・ブラウンなどの色物から巨大レインボーまでが大好物の配色となってます。 非常に繊細で美しいオリカラです・・・。

●オリカラウェブショップ
http://orikara.shop-pro.jp/?pid=21861703 

天気 : 晴れのち雨 微風から弱風 気温 17.0℃ 水温 21.0℃ (AM6:00)

ブラウンバックは極少数

ミヤベイワナを狙う(本間さん/大阪府)

オリカラミヤベイワナスプーン

2010年07月07日

取水口周辺でニジマス(45cm)、サクラマス(30〜35cm)が釣れています。

釣果が今ひとつの時に、必ずチェックしたいポイントが「取水口周辺」。然別湖から水が流れ出す唯一の場所で、水深もあり、深場を探れば、ミヤベイワナも釣れるポイントです。また、周辺にはオーバーハングした木々や、倒木などがあるので、魚たちが集まりやすいようです。今日ヒットしたニジマス(45cm)は、取水口左側の、急深なかけ上がり水深(5m)でヒット。ヒットフライは、#8ウーリーバガー(黒)(徳本さん/江別市)。

取水口中央に、#8マドラーミノーをキャスト、小刻みにリトリーブして、サクラマス(30〜35cm)が釣れています。(桜場さん/東京都)。移動中のハーリングでも、サクラマス(30cmクラス)がトップウォーターで釣れています。ハーリングは、フローティングラインを使用し、時折フライにアクションを加え、魚にアピールすると良いようです。

ミヤベイワナ(20〜35cm)は、水深(10m以下)で釣れています。ヒットポイントは、(11)、(12)、(13)、(19)、(20)など。全体の釣果は一人(0〜4匹)。今日最高の釣果は4匹(徳本さん/江別市)他。

(ニジマスも深場へ)
最近、大型ニジマスが水深(5〜6m)の深場でヒットしています。岸から10〜20m離れて、フライ、ルアーを(約10m)沈ませてからのリトリーブが有効。

天気 : 曇り 微風からやや強い風 気温 16.0℃ 水温 21.0℃ (AM6:00)

虹色岬でニジマスを狙う

イワナ岬沖に雲が流れ込む

カヌー&フィッシング(1の湾)

2010年07月08日

イワナ岬、音更湾でサクラマス(30〜40cm)が釣れています。

イワナ岬で、サクラマス(40cm)が、シンキングミノーで釣れています。音更湾北側ワンドでも、サクラマス(30〜35cm)がフライ(ストリーマー)でヒット。いずれもヒットは単発で、釣果は伸びず。サクラマスの中には、薄い婚姻色が現れているものが釣れています。そろそろ、成熟したサクラマスは、産卵行動に入る時期になったようです。

大型ニジマスは、アイサ岬沖、水深(5m以下)でルアーにヒット。しかし、ネットイン寸前にバラシ。その他のポイントでは、ルアーへのチェイスはあるがヒットしないケースが多かったようです。午後からは、突然の豪雨など、不安定な天候になり、釣果は低迷。全体の釣果は一人(0〜3匹)。今日最高の釣果は3匹(麻生さん/千歳市)他。

(ミヤベイワナ攻略法)
水深(10m以下)に潜ったミヤベイワナをコンスタントに釣るのは、とても困難ですが、下記の方法である程度の釣果が見込めますので是非試してみてください。

(1)ルアー(10〜13g)遠投する。(2)着水後フリーフォールで(40〜50カウント)沈める。(3)スプールを戻す。(4)ボートを(20〜30m)ゆっくり移動する。※この時にアタリがある場合がある。(5)移動したらスローでリーリング、または、ストップアンドゴー。(6)ある程度巻いたら、フリーフォールでルアーを再度沈ませ、ボートを(20〜30m)ゆっくり移動する。この一連の動作を繰り返す。※常に、水深(10m)前後を探り続けることが大切です。

天気 : 曇り 微風からやや強い風 気温 15.0℃ 水温 21.0℃

音更湾岸釣りエリア

サクラマス(35cm)

2010年07月10日

今期最大のニジマス(62cm)がドライフライでヒット!しかし全体的な釣果は今期最低。

早朝から断続的に降り続く雨と高水温(20℃)の悪条件の中、ドライフライオンリーで粘り強く、ポイントを丹念に探り続け、2の湾岸際でニジマス(62cm)がドライフライにヒット(佐藤さん/中標津町)。佐藤さんはこれまでも然別湖で大型ニジマスを何度もドライフライでヒットさせている女性フライフィッシャー。

(佐藤さんのコメント)
ヒットフライは、#6エルクヘアーカディス。ヒットしたポイントは、2の湾西側の岸際で、オーバーハングした木と木の間をピンポイントで狙いキャスティング。フライが着水した直後に、大きなニジマスが水面下から現れ、スローモーションの様にフライを咥えました。とても驚きましたが慌てず合わせを入れてフックアップ。それからの数分間は最高のビッグファイトを楽しむことができました!!フライロッドは4番、リーダー&ティペットは3X。

早朝、1の湾でもニジマス(51cm)が、スプーン7g(ヤマメカラー/ブラウン)でヒット(碓井さん/札幌市)、シャクナゲ岬では、ニジマス(46cm)が、#8ゾンカーで釣れています。(豊田さん/中標津町)。全体の釣果は一人(0〜5匹)。今日最高の釣果は5匹(佐藤さん/中標津町)。

全体の釣果は今期最低で、釣果ゼロ匹のアングラーが続出。この原因は、7月から高水温(19℃〜21℃)の状態が連日続いているため。2005年から、特別解禁の開催期間中、毎日水温を計測していますが、このような7月の高水温は過去に前例が無く、日に日に釣果が激減しています。あくまでも予測ですが、ミヤベイワナの泳層は水深15m以下になっていると考えられます。このような場合、一般的なのルアーフィッシングやフライフィッシングで、ミヤベイワナを釣るには非常に困難です。

然別湖遊漁管理事務局では、今後、現在の悪状況が改善されることは無いと判断。明日以降、ご予約されているお客様には、セカンドステージへの変更をご検討して頂けますようお願いいたします。尚、7月14日(水)、7月15日(木)は高水温と釣果減少のため臨時休業させて頂きます。

(然別湖畔受付事務所)TEL 080-5599-9591 午前5時30分〜午後6時まで

天気 : 雨 弱風から強い風 気温 15.0℃ 水温 20.0℃

ニジマス(62cm)佐藤さん/中標津町

2010年07月11日

厳しい状況下でミヤベイワナ(41cm)がヒット。虹色岬ではニジマス(51cm)。

前日に比べ釣果が少しアップ。早朝に、ミヤベイワナ(41cm)が取水口周辺でヒット(嶋宮さん)水深は約10m。ヒットルアーは、スプーン14g(アワビ/シルバー)。虹色岬沖のポイントナンバー(18)では、ミヤベイワナ(30cm)が釣れています(青野さん/帯広市)。ヒットルアーは、忠さんスプーン7g(ミヤベイワナ/ブラウン)水深10〜20mでヒット。ミヤベイワナの泳層は(10〜20m)と深いので連続ヒットは少ないようです。全体の釣果は一人(0〜4匹)。今日最高の釣果は4匹(青野さん/帯広市)

大型ニジマス(45〜51cm)は数は少ないようですが釣れています。早朝に虹色岬沖から、岸方向へルアーをキャストしてニジマス(51cm)ヒット(青野さん/帯広市)。その他、ニジマス(50cmクラス)がネットイン寸前にバラシ(嶋宮さん)など。高水温により、ニジマスのヒットレンジも深く、水深(5〜10m)付近。

(臨時休業のお知らせ)
7月14日(水)、7月15日(木)は高水温と釣果減少のため臨時休業させて頂きます。大変申し訳ございませんが何卒よろしくお願いいたします。
※7月16日(金)〜7月18日(日)は平常通り営業いたします。

(7月16日(金)〜7月18日(日)にご予約されている方へ)
高水温により釣果が減少しております。先行予約されているお客様には、セカンドステージへのご予約変更を受け付けております。ご予約変更は下記までご連絡頂けますようお願いいたします。

(然別湖畔受付事務所)TEL 080-5599-9591 午前5時30分〜午後6時まで

(当日券販売について)
7月16日(金)〜7月18日(日)は当日券の販売もいたしますが、高水温のため、釣果はあまり期待できない状況になっております。※ここ数日間の釣果は、0〜5匹程度。この状況をご理解した上で、当日券をお買い求めください。

天気 : 晴れのち曇り 弱風からやや強い風 気温 17.0℃ 水温 20.0℃

ゴムボートでフィッシング

オーストラリアシェパードと一緒

ファミリーフィッシング(鳴海さん/鹿追町)

2010年07月13日

水温低下でミヤベイワナが水深(4〜8m)で釣れています。良型ニジマスの活性もアップ。

昨日、強風で大荒れになった然別湖。20℃まで温められた水面が撹拌され、水温は18℃まで下がりました。これまで、水深(10m以下)まで沈めないと釣れなかったミヤベイワナ(30〜39cm)が、水深(5〜10m)の範囲でヒットしています。ヒットポイントは、虹色岬とシャクナゲ岬の間(中央付近)、シャクナゲ岬沖など。全体の釣果は一人(0〜5匹)。今日最高の釣果は5匹(次元さん/東京都)。

良型ニジマス(40〜43cm)が(ストリーマー、ドライフライ)で釣れています。ポイントは、音更湾北側ワンド(#12ウーリーバガー/クリーム)、うぐいす湾奥(#8イントルーダー)、取水口周辺(#10マドラーミノー)など。

明日から2日間(14日、15日)は臨時休業になります。
※16日、17日、18日は通常営業。

当日券のお問い合わせは下記までお願いいたします。
(然別湖遊漁管理事務局) tel: 080-5599-9591 午前5時30分〜午後6時まで

天気 : 晴れ 弱風 気温 16.0℃ 水温 18.0℃

音更湾にて(中田さん/埼玉県)

ミヤベイワナ(会田さん/福島県)

2010年07月16日

良型ニジマスの活性が急上昇。40cm〜50cmクラスが釣れています。

早朝、桟橋前で水深約2mを大型ニジマスがクルージング。#8ホッパーを進行方向にキャストして(53cm)がヒット。(虹田さん/静岡県)。虹色岬周辺では、ストリーマーで(48cm)、(57cm)が連続でヒット。(小倉さん/川崎市)。イワナ岬では(40cm)が忠さんスプーン10g(ミヤベイワナ/ブラウン)でヒット。(葛野さん)。

今日はドライフライも好調で、ニジマス(30〜35cm)が思い出岬周辺で良く釣れています。少数ですが、サクラマス(30cmクラス)もドライフライ(#10エルクヘヤーカディス)でヒット(取水口周辺)。

ミヤベイワナは、イワナ岬、湖中央、シャクナゲ岬沖、水深(5〜10m)で釣れています。※ブルーバックも少数ですが混じるようです。全体の釣果は一人(2〜8匹)。今日最高の釣果は8匹(小倉さん/川崎市)。

(良型ニジマスを狙う)
ニジマスが良く釣れる時間帯は、午前10〜午後に掛けてが一番多いようです。虹色岬周辺、思い出岬周辺、イワナ岬周辺、取水口周辺は要チェック。午前中は、水深(3〜5m)を探り、午後からは、ドライフライ(#8カディス、#8セミ、#10マドラーミノー)、ルアーは、(フローティングミノー、セミ)などが良いでしょう。

天気 : 晴れ 弱風 気温 15.0℃ 水温 19.0℃

イワナ岬でニジマス(40cm)

スプーンにニジマスがヒット

ニジマス53cm(桟橋前)

2010年07月18日

ファーストステージ最終日

2010年度然別湖特別解禁ファーストステージが本日をもって終了いたしました。道内、本州から然別湖にお越し頂いた多くの皆さまへスタッフ一同心から御礼申し上げます。

(最終日の釣果)
大型ニジマス(52〜53cm)が、取水口周辺、旧北電保養所前でドライフライ(#12ビートルパラシュート)でヒット(斉藤さん/札幌市)。サクラマス(30〜35cm)も、1の湾、取水口周辺、でドライフライで釣れていました。
ミヤベイワナ(30〜34cm)は、イワナ岬周辺、音更湾インレット、水深(6〜10m)で、ルアー、フライ共にヒット。全体の釣果は一人(0〜3匹)。今日最高の釣果は3匹(斉藤さん/札幌市)。

(秋のセカンドステージ)
セカンドステージは、10月1日(金)〜10月12日(火)12日間開催いたします。只今、先行予約をウェブまたは、お電話で受付中。紅葉が美しい然別湖に是非お越しください。

(ご予約に関するお問い合わせ)
然別湖遊漁管理事務局 tel 080-5599-9591 ※午前9時〜午後5時まで

天気 : 曇り時々雨 弱風 気温 18.0℃ 水温 20.0℃

ニジマス53cm

オオイチモンジ

2010年09月30日

明日10月1日(金)からセカンドステージが開催されます。

10月1日(金)から当日券の販売を開始いたします。今週末の2日(土)3日(日)は定員50名まで、まだ少し空きがございます。

当日券のお問い合わせは下記までお願いいたします。

(然別湖遊漁管理事務局)tel 080ー5599−9591
※午前7時00分から午後6時まで