釣果情報

2007年10月10日

セカンドステージ7日目

音更湾で午前11時頃からニジマス(50cm、52cm、40cm、53cm)4匹が連続でヒット(小林さん/札幌市)スプーン11g(赤/金)を底ぎりぎりまで沈めてからスローでリーリング。かけ上がりで果敢にバイトしてきたようです。ここ数日間、音更湾の岸釣りエリアでは魚たちの活性があがる午前11時頃からラストまで時間とポイントがマッチすれば最高に楽しい時が味わえるようです。ミヤベイワナ(20〜40cm)は1の湾、うぐいす湾、音更湾、湖中央の水深(2〜5m)で良く釣れています。今日その他のヒットルアーはスプーン(金)・(金/緑)・(白)、ヒットフライは、#10モンタナマラブー、#8シルバーマーチブラウン。

天気 : 曇り時々小雨  風 微風 気温 4℃ 水温 12℃ (AM7:00)

然別湖の紅葉

秋のミヤベイワナ♂(虹田さん/静岡県)

2007年10月11日

セカンドステージ8日目

ミヤベイワナが水深(0〜5m)のタナで良く釣れています。ポイントとタナが合えば1人で10匹以上の釣果があります。サイズは(30〜35cm)がもっとも多く、グリーンバックがほとんどですが、1の湾では、ブラウンバックが少数ですが釣れています。1の湾では午後から岸際をクルージングしながら何度もライズするブラウンバックのミヤベイワナを見ることができました。

(音更湾の岸釣りエリア)
然別湖の東側にある音更湾の岸釣りエリアは、大型ニジマスとサクラマスが良く釣れるポイントとして有名です。岸釣りエリアは約600mの広さがあり、全体的にはフライフィッシングの際にバックスペースは十分にとることができませんが、東側と西側の角は唯一広くとれる場所となっています。音更湾は最近人気のスペイキャストやスカジットキャストを試す場として最高のロケーションを提供してくれます。

天気 : 曇り 風 弱風からやや強風 気温 5℃ 水温 12℃ (AM7:00)

音更湾でスペイキャスティング

ミヤベイワナのライズ(1の湾)

2007年10月12日

セカンドステージ9日目

早朝は弱かった風が次第に強風へと変わり、湖中央、音更湾が遊漁規制となりました。今日の釣果は、ミヤベイワナ(25〜35cm)が1の湾、2の湾、うぐいす湾で釣れています。釣れるタナは依然安定せず、水深(1〜10m)の広範囲。サクラマス(23〜30cm)は1の湾、2の湾、虹色岬、うぐいす湾の水深(1〜2m)で釣れています。ニジマス(36〜40cm)は虹色岬、うぐいす湾のかけ上がり周辺で釣れています。

(しかおいフィッシングキャンプのお知らせ)
明日、然別湖では午前8時からビギナーズフライフィッシングスクール、午後4時からは鹿追町ピュアモルトクラブハウスにて、絵本作家の村上康成さんを迎えて、トークショウ&クラブハウスパーティーを開催します。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

天気 : 晴れ 風 弱風から強風 気温 6℃ 水温 12℃ (AM7:00)

トローリングでミヤベイワナを狙う

強風の然別湖

2007年10月13日

セカンドステージ10日目

今日、然別湖で初雪を観測。早朝の気温はマイナス2℃と今年一番の冷え込みになりました。昨日から続いていた強風が弱まらず午前7時のスタート時には、1の湾を除きすべての区間が遊漁規制となりました。その後、午前10時頃からようやく風が弱まり、2の湾、うぐいす湾の遊漁規制を解除。しかし、3の湾、湖中央、音更湾は依然風が強く終日閉鎖となりました。今日の釣果は、ニジマス(32〜45cm)が1の湾、うぐいす湾のかけ上がり周辺水深(3〜5m)で良く釣れています。かけ上がりをトレースするようにゆっくりとハーリングした丹沢さん(東京都)は大型ニジマス6匹をヒット。ラインシステムは、シンキングラインタイプII+シンキングリーダー+#6ウーリーバガー(黒またはオリーブ)。ミヤベイワナは、1の湾、うぐいす湾、水深(1〜5m)で釣れていましたが、手元までルアー、フライを追うもののヒットに至らないケースが多かったようです。サクラマス(17〜35cm)は釣れるサイズが小さく、セカンドステージ前半に比べヒット数も激減しています。

天気 : 晴れ 風 強風から弱風 気温 −2℃ 水温 10℃ (AM7:00)

然別湖からウペペサンケ山を望む

虹色岬

2007年10月14日

セカンドステージ最終日

(セカンドステージを振り返って)
秋のセカンドステージは湖を囲む山々の紅葉がとても美しく、全国から訪れた釣り人を魅了していました。全体的な釣果は、コンディション良好な大型ニジマス(40〜58cm)がフライ、ルアー共に良くヒットしていました。サクラマス(25〜40cm)は前半から中盤にかけてもっとも数多く釣れ、然別湖のメインであるミヤベイワナ(25〜42cm)は泳層(0〜12m)が安定せず、釣り人を悩ませていました。ファーストステージの様に爆発的な釣果こそありませんでしたが、グリーンバックの美しいミヤベイワナはコンスタントに釣れていました。

(然別湖遊漁管理事務局から)
2007年度の然別湖特別解禁が本日で終了いたしました。
道内はもとより全国から然別湖を訪れて頂いた多くの釣り人の皆さま本当にありがとうございました。鹿追町役場をはじめ、NPO法人北海道ツーリズム協会、サポートスタッフ一同心より御礼申し上げます。2008年度のファーストステージ開催は6月10日を予定しております。皆さまとまた然別湖でお会いできることを楽しみにしております。

天気 : 曇り時々晴れ 風 強風 気温 4℃ 水温 10℃ (AM7:00)

秋のニジマス

然別湖サポートスタッフと仲間たち