釣果情報

2007年09月27日

セカンドステージまであと7日

今日は1の湾かけ上がり周辺で多数の魚がライズしていました。捕食している昆虫のほとんどは#18〜#16ケバエの仲間です。ゆっくり吸い込むようなライズがほとんどですが、クラスター(固まり)になっている昆虫には「ゴボッ」と大きな音をたてるライズもあります。魚種の判別は不可能でしたがライズの中にはきっとミヤベイワナも含まれていることでしょう。

天気 : 曇り(霧) 風 無風 気温 9℃ 水温 14℃ (PM1:00)

陸生昆虫にライズする

2007年09月29日

セカンドステージまであと5日

連日の低気温で然別湖の水温が13℃まで下がりました。表面水温12℃〜14℃は今年のファーストステージの釣果がもっとも良かった頃と同じ状況です。今日もかけ上がり周辺では陸生昆虫へのライズがあり、岸際ではワカサギの群れも確認しています。午後のにわか雨の時に然別湖に美しい虹が架かりました。

天気 : 晴れのち曇り雨時々 風 微風 気温 9℃ 水温 13℃ (AM9:00)

然別湖に虹の架け橋

2007年10月01日

セカンドステージまであと3日

然別湖の木々がまた少し色づいてきました。紅葉のピークは10月7日〜10日頃になりそうです。明日から2日間セカンドステージの解禁準備がおこなわれます。解禁前日には各ポイントの状況を詳しくお伝えする予定です。

(秋のセカンドステージの遊漁時間について)
セカンドステージの遊漁時間は午前7時から午後2時となっております。スタート時間の30分前から受け付けを開始いたします。遊漁引換券をお持ちになり受付事務所までお越しください。

天気 : 晴れ 風 微風 気温 13℃ 水温 12.5℃ (AM9:00)

然別湖の紅葉

2007年10月03日

いよいよ明日セカンドステージ開幕です

待ちに待った秋のセカンドステージが明日からスタートします。
今日の然別湖の表面水温は13℃。表面水温が10℃〜13℃の場合、多くの魚たちの泳層は水深50cm〜3mが予想されます。1の湾、2の湾、うぐいす湾、音更湾では午前9時頃からかけ上がり周辺でライズあり。午後には1の湾旧北電保養所前で大型のニジマスがライズを繰り返していました。全体的に魚たちの活性はとても良いようです。ミヤベイワナ、ニジマス、サクラマスの捕食対象となるワカサギやウグイの稚魚が水面直下で泳いでいます。風の吹きだまりでは#14カメムシ、#18テントウムシなどが水面に浮いていました。

天気 : 晴れ 風 微風 気温 11℃ 水温 13℃ (AM8:00)

ホテル福原 / ホテル風水

2007年10月04日

セカンドステージ開幕

然別湖特別解禁セカンドステージが午前7時から開幕。
早朝は曇りと霧でしたが午後になるにつれて気持ちの良い秋晴れになりました。1の湾では最高のコンディションのニジマス(40〜55cm)、サクラマス(25〜40cm)が数多く釣れています。音更湾、うぐいす湾でもニジマス、サクラマスが好調。2の湾ではニジマス(30〜58cm)、サクラマス(25〜35cm)、ミヤベイワナ(25〜40cm)が釣れています。全体的にはサクラマスが一番多くヒットしており、続いてニジマスが釣れています。ミヤベイワナは食いが渋くヒットしてもバレが多く、またルアーを手元まで追うもののヒットには至らないケースが多いようです。

サクラマス、ニジマスの泳層は(50cm〜2m)、ミヤベイワナは(2〜5m)と少し深いようです。ルアーはスプーン(7g〜15g)でカラーは(赤/金)、(黒/金)、(ガンメタ)が良いようです。フライはシンキングラインタイプII〜IIIで(#6〜#8マラブー黒)、(モンタナマラブー)が好調。今日はポイントや時間帯で釣果にバラつきがありました。

(NEWS) 釣りビジョンのロケがあり。11月放送予定。

天気 : 曇りのち晴れ 微風から弱風 気温 12℃ 水温 13℃ (AM7:00)

紅葉の然別湖でルアーフィッシング

村田基さんとファンの橋本さん

2007年10月05日

セカンドステージ2日目

然別湖の紅葉が見頃を迎えています。午前は風もほとんど無く、湖はベタ凪のため釣果がいまひとつでしたが、風が吹きはじめ湖面がキラキラ輝きだしてからは釣果は徐々に上がってゆきました。風ウラの吹きだまりには陸生昆虫が溜まり、ミヤベイワナやニジマスがスローなライズを繰り返しています。

音更湾が好調でニジマス(35〜51cm)、サクラマス(28〜40cm)、ミヤベイワナ(27〜40cm)がフライ、ルアーともに釣れています。セカンドステージではミヤベイワナはポイントやタナが非常にバラけています。散発でもライズを繰り返すポイントにはミヤベイワナが多く集まっているのでチェックが必要です。

(ルアーワンポイント情報)
ライズを見つけた場合は、ライズの真上にキャスティングをせずライズから少し離れたところにキャスティングします。特にミヤベイワナを狙う際には、アクションは控えめに普通にリトリーブまたはストップ&ゴーが有効。当たりがあっても決してアワセをいれず確実にフックアップするまで引いてくるとヒットの確率が上がるようです。

天気 : 晴れ 風 無風から微風 気温 13℃ 水温 13℃ (AM7:00)

2007年10月06日

セカンドステージ3日目

セカンドステージ3日間の全体の釣果は、サクラマス60%、ミヤベイワナ25%、ニジマス15%の割合です。ミヤベイワナの釣果がファーストステージに比べ非常に低いのは、泳層やポイントが非常にバラけていることが原因のようです。3日間の釣果データによるとヒットゾーンは水深1〜15mの広範囲で、ポイントや時間帯によりますが、短時間で5〜15匹釣れているケースもあります。ちなみに今年のファーストステージ40日間の割合は、ミヤベイワナ70%、サクラマス15%、ニジマス15%。

(サクラマスについて)
セカンドステージではサクラマスの活性が高く、30〜40cmのサイズが多く釣れています。ファーストステージに比べ釣れる確率も高く、ヒットしてからのファイトも良いようです。3の湾、音更湾ではかけ上がり周辺で午前11時頃からライズがあるようです。

(ニジマスについて)
秋のニジマスはコンディションが良く、体高が非常に高いのが特徴。40cmクラスでもパワフルなファイトを十分楽しめます。またヒット直後に50cm以上のジャンプを繰り返すこともありとてもエキサイティング。50cmオーバーの大物になるとファイトはかなり強烈で、ラインブレイクも多い様です。

天気 : 晴れ 風 微風から弱風 気温 5℃ 水温 12.5℃ (AM7:00)

1の湾の紅葉

秋のニジマス(50cm/内山さん)

2007年10月07日

セカンドステージ4日目

今までミヤベイワナの釣果が低い状態でしたが、今日は全体的に良く釣れていました。音更湾では、午前11時頃からかけ上がりでライズが始まり、午後1時からライズは活発になったようです。ライズを繰り返すミヤベイワナはルアーでも良く釣れています。また音更湾東側の岸から約20m離れたポイントでは、水深1〜2mで短時間で10匹以上ヒットしていました。ヒットゾーンは、0〜15mと以前広範囲ですが、釣れる確率はアップしています。グリーンバックのミヤベイワナがメインですが、深いポイントで釣れるミヤベイワナは産卵期を終えてサビが残るタイプもいました。ニジマスも活性が高く、40〜50cmが良く釣れています。

(小さなライズを見逃さない!)
木々の覆いかぶさった真下の白泡や落ち葉の溜まるポイントで小さなライズが時々あります。このピンポイントに狙い打ちしてヒットする魚は大型のニジマスが多いようです。

天気 : 晴れのち曇り 風 微風 気温 5℃ 水温 13℃ (AM7:00)

サビの入った精悍なミヤベイワナ

写真の魚を釣った伊藤さん/愛知県

2007年10月08日

セカンドステージ5日目

然別湖は早朝からあいにくの雨模様。午前11時頃から天気が回復してきたものの、強風が吹き続き厳しい1日となりました。今日の釣果はニジマス(33〜52cm)が1の湾、2の湾、3の湾、うぐいす湾、音更湾で好調。40cm以上がメインで50cmアップは1の湾、音更湾で釣れています。ニジマスの活性があがる時間は気温が上昇する午前11時〜午後2時。気温が12℃以上になると陸生昆虫の活性もあがり、水面近くで複数の昆虫が飛び交い、また水面に落下することでニジマスも必然的に水面を強く意識するようです。サクラマス(22〜38cm)は湖の全域で釣れています。ミヤベイワナ(25〜35cm)は依然、ポイント、泳層にバラつきがあるようです。

天気 : 雨のち晴れ 風 微風から強風 気温 9℃ 水温 13℃ (AM7:00)

うぐいす湾でカヌー&フィッシング

1の湾のニジマス(井雲さん/札幌市)

2007年10月09日

セカンドステージ6日目

低気圧の影響で早朝から強風や突風が吹き荒れ、1の湾以外は非常に危険なためほかのエリアは遊漁禁止規制となりました。唯一解放された1の湾でも時折、強風が吹き荒れる厳しい条件のなかで、サクラマス(25〜40cm)、ミヤベイワナ(30〜40cm)、ニジマス(30〜40cm)が釣れていましたが全体的に釣果は渋い状況でした。遊漁終了間近には次第に風は弱まり明日は安定した天気になる模様。一時、晴れ間が広がった湖面に美しい虹が現れて釣り人の皆さんは感動していました。

天気 : 曇りのち雨時々晴れ 風 強風 気温 7℃ 水温 13℃ (AM7:00)

1の湾に現れた大きな虹

秋のミヤベイワナ♀(河野さん/音更町)