釣果情報

2007年06月20日

特別解禁 11日目

昨日から始まったセンブリのハッチが増えてきています。センブリとはヘビトンボ科の水生昆虫で、水質が良くないと生息できないと言われています。大きさは約2cmで長い触角が伸びており、羽は光を透過し、まるで黒いステンドグラスのようです。然別湖の初夏にはとても重要な水生昆虫で例年6月下旬頃から大型のニジマスが派手なライズで捕食します。今日の釣果は、うぐいす湾でサクラマス(25〜40cm)、ニジマス(25〜40cm)、ミヤベイワナ(15〜35cm)が釣れています。音更湾では、サクラマス(30〜35cm)、ニジマス(25〜38cm)が釣れています。サクラマス、ニジマスともに、かけ上がり付近(水深は0〜2m)でヒットしています。魚たちがルアー、フライを追いかけてくるシーンがボートからよく見えますが、捕食せずそのまま目の前でUターンする場合、フライ、ルアーに適度なアクションを加えることによりヒット率が上がるようです。

※釣果情報は安全パトロールの際に釣り人に状況を聞くことや、終了時に提出された資源調査用紙を元にウェブで公開しています。

天気 : 天気 : 曇り 風 弱風 気温 18℃ 水温 16℃ (AM6:00)

水生昆虫の「センブリ」 

2007年06月21日

特別解禁 12日目

解禁初日から12日目を迎えて湖の状況が変わってきました。水温の上昇と共にミヤベイワナは岸から離れて湖中央へ移動。岸よりしていたワカサギ(ニジマス、サクラマスのベイトフィッシュ)も陰を潜めあまり確認できなくなりました。センブリのハッチはありますがまだ始まったばかりでピークはもう少し先。この状況下で大型のニジマスが岸よりする要因は、まだ数が少ない陸生昆虫(セミ、カナブン、カメムシなど)の風による落下のみ。現在はいわゆる然別湖の端境期にあたるため、岸際のモンカゲロウのハッチが待ち遠しいところ。モンカゲロウのハッチが始まれば、センブリ、カディスなどの複合ハッチもあるので湖の状況は一転するでしょう。今日の釣果は今季一番厳しい状況でしたが、1の湾でサクラマス(30〜35cm)、湖中央でミヤベイワナ(30〜35cm)ニジマスは今期初めてヒットがありませんでした。

天気 : 天気 : 曇り 風 弱風時々強風 気温 18℃ 水温 16.5℃ (AM6:00)

グリーンバックは水深5m以下へ

2007年06月22日

特別解禁 13日目

昨日の強風が良かったようで、湖中央でミヤベイワナ(20〜35cm)が良く釣れています。キャスティングで水深5〜7mにルアー、フライを沈めてデッドスローで引いてくると水面の近くでヒットするようです。サクラマス(30〜45cm)が虹色岬前、音更湾で釣れています。岸からのキャスティングの場合、ルアー、フライにアクションをつけて魚を惹きつけるとヒットの確率があがります。風向きや時間帯も重要ですが、各ポイントをじっくり攻めることで好結果がでています。

天気 : 曇り 風 弱風 気温 15℃ 水温 16.5℃ (AM6:00)

ハーリングで大型ミヤベイワナを狙う

2007年06月23日

特別解禁 14日目

午前6時の然別湖は肌寒い曇り。その後は雨そして真夏のような晴れ・・・このめまぐるしく変わる天候のように釣果もさまざまでした。ミヤベイワナ(25〜45cm)は湖中央で好調。ただし、ルアー、フライを各ポイントの魚のタナ(水深2〜7m)に合わせること、その日に魚が集まる場所を見つけ出すことが必要。ミヤベイワナを深場で狙う釣り人は(15〜20匹以上)釣れています。久しぶりに大型ニジマス(40〜53cm)が岸際で釣れています。大阪からお越しの宮本さんは、1の湾の北電保養所跡地付近にてフライ・ルースニング+#12GBマラブー(黒・イエロー)が好調で大型ニジマスが3連続ヒット。石塚さん/江別市はシンキングラインタイプIV+#8ウーリーバガー(黒)のハーリングで今日のビッグワン・ニジマス(53cm)がヒットしています。今日ミヤベイワナの良く釣れた水深は(4〜5m)、ニジマス、サクラマスは(0〜4m)となっています。

天気 : 曇りのち雨時々晴れ 風 弱風 気温 14℃ 水温 16.5℃ (AM6:00)

フローターエリア(1の湾)でフィッシング

2007年06月24日

特別解禁 15日目

今日はミヤベイワナの良型が数多く釣れています。岡さん/旭川市はシャクナゲ岬周辺〜音更湾東側の岸から15〜20m離れた沖合でルアー(スカジット20g/金)をキャスティング後10〜13カウント沈め。デッドスローで引き途中でアクションを加えるたびにミヤベイワナ(20〜40cm)が良くヒットしたようです。スプーン(7〜10g)の場合は5〜7mにルアーを沈めて同じくスローで引いてくるとヒットします。手元でのバラシが多いので水際では慎重に。またミヤベイワナはグリーンボディーが良く釣れています。ニジマス(30〜48cm)1の湾、虹色岬周辺、音更湾で釣れています。サクラマス(30〜40cm)1の湾取水口、虹色岬、アイサ岬で釣れています。

(モンカゲロウ情報)
今季初のモンカゲロウのハッチを(うぐいす湾)で確認しました。モンカゲロウのハッチのピークは通年4〜6日後で約1週間#8〜#10モンカゲドライフライの釣りが楽しめます。ポイントは虹色岬周辺、うぐいす湾、音更湾の岸際。モンカゲロウのハッチの次はユミモンヒラタカゲロウのハッチへと続きます。

天気 : 晴れのち曇り 風 弱風 気温 14℃ 水温 16℃ (AM6:00)

ミヤベイワナ35cm 河野さん/音更町

2007年06月25日

特別解禁 16日目

早朝から濃霧で視界が悪く日中になっても日光を遮るほどの状況。昨日から始まったモンカゲロウのハッチも極少数で湖面は以前沈黙。明日から週末にかけて天気が回復するようなのでモンカゲロウにライズするニジマスの光景は明日以降の楽しみとなりました。今日の釣果はミヤベイワナ(15〜40cm)が3の湾、シャクナゲ岬、虹色岬周辺、湖中央で連日好調。水深は3〜7mが良く釣れています。サクラマス(36〜38cm)が音更湾で釣れています。ニジマスの釣果はありませんでした。

(安全パトロールについて)
然別湖では2隻のボートで釣り人の安全を守るためにパトロールをしています。しかし湖の安全確保は100%ではありません。濃霧、強風などで危険を感じたら速やかに岸際に寄るなどの退避行動をお願いいたします。また、1時間に1回程度、遊覧船が運行していますので十分ご注意ください。尚、パトロールスタッフが当日の釣果情報などをお聞きすることがありますのでご協力をよろしくお願いいたします。

天気 : 曇り(濃霧) 風 微風 気温 13℃ 水温 16℃ (AM6:00)

安全パトロールスタッフ

2007年06月26日

特別解禁 17日目

ミヤベイワナ(35〜40cm)の良型が1の湾、2の湾、3の湾、うぐいす湾で釣れています。水温の上昇でサクラマスの泳層が(水深3〜5m)に下がってきているようです。ニジマスの活性はさらに上がり、岸際からかけ上がりのポイントでドライフライ、ウェット、ニンフに良く反応しています。今後は#8〜#10モンカゲロウダン、#8〜#10モンカゲロウニンフ、#8〜#10カディス、#8〜#10マドラーミノー、#8〜#10シケーダーが活躍するでしょう。

天気 : 曇りのち晴れ時々霧 風 弱風 気温 15℃ 水温 16.5℃ (AM6:00)

#8セッジ(タイヤー松村さん/札幌市)

2007年06月27日

特別解禁 18日目

然別湖もようやく陸生昆虫が活発になってきました。モンカゲロウ、カディスなどの水生昆虫のハッチにテレストリアルが加わりトップウォーターの釣りがいよいよ本番を迎えます。ニジマス(36〜56cm)音更湾、イワナ岬、1の湾、で釣れています。ドライフライ、ストリーマー、ルアーそれぞれにヒットしています。サクラマス(35〜40cm)が音更湾、虹色岬で釣れています。サクラマスのヒットゾーンは(水深3〜5m)ルアーはスプーン(5〜7g)シルバー系、ブラック系ともに良いようです。

天気 : 晴れ 風 弱風 気温 18℃ 水温 17℃ (AM6:00)

湖の透明度が上昇

2007年06月28日

特別解禁 19日目

1の湾でサクラマス(34〜37cm)が(シンキングラインタイプIII〜V+#8ゾンカー)で好調。取水口付近は要チェックです。うぐいす湾ではモンカゲロウダンに大型ニジマスがライズしていました。この日のうぐいす湾はべた凪の為になかなかライズを取ることは困難だったようです。これから大型のドライフライに活発にアタックするニジマスは、キャスティングして1分〜2分間ジッと待つ方法か、フライを着水後にリトリーブして誘い出す方法が良くヒットします。虹色岬の風ウラは大型ニジマスの有名ポイントでライズがあればチャンスです。

天気 : 晴れのち曇り 風 微風 気温 20℃ 水温 17℃ (AM6:00)

虹色岬でニジマスを狙う

2007年06月29日

特別解禁 20日目

今日で特別解禁ファーストステージの前半戦が終了。今年は解禁初日から例年の水温(8℃〜9℃)に比べ3℃も高く、また晴天、高気温(28℃)の日が続いたことにより魚たちの泳層、水生昆虫のハッチなどすべての要素が過去とは違っていました。昨年同様の感覚とタックルを用意して来た釣り人を混乱させる結果となりました。後半戦は例年通りの然別湖夏バージョン(トップウォーターの釣り)に期待をしたいところです。今日の釣果は、音更湾(岸釣りエリア)が好調。ニジマス(30〜45cm)が#8モンカゲロウダン、ニンフでヒットしています。雨の降る中、数多くのニジマスが大型ドライフライに果敢にライズしてきたようです。1の湾(取水口付近)では、#8ストリーマーでニジマス50cmが釣れています。ヒットした水深は約3m。ミヤベイワナ(30〜35cm)は1の湾(思い出岬沖合)から2の湾(湯ノ花岬沖合)で良く釣れています。

天気 : 雨のち曇り 風 微風 気温 15℃ 水温 17℃ (AM6:00)

然別湖の水面(みなも)